注目の記事 PICK UP!

  • FX

マーケットのクセを見極める②

どうも!HAKUMAです^^

 

日本と海外の季節性で為替相場を比べる際のポイントは2つあります。

1つ目は、企業の決算日の違い。そして2つ目は、各国の休日の違いです!

 

日本では、3月決算と言って、4月から翌年3月まで1年間という決算期間を採用している企業がいいですが欧米の場合、12月決算がとても多く、1月から12月までを1年としています。

 

また、最近は11月を決算期としている企業も増加しており、ほとんどの企業が四半期決算を採用しています。

日本では、半期決算が多いため、企業が決算に向けて為替取引をするのが多くても年に2回ですが、欧米では年に4回と異なります。機関投資家は、決算に向かってポジションを縮小することが多めで、相場も決算手間の時期はそれまでの動きと反対の動きをすることがよくあります。

 

具体的に言うと、3月・6月・9月・12月のそれぞれ上旬から中旬がこの時期に当たります。特に年度の最終月でもある12月が一番重要で、逆に期の初めに相当する1月・4月・7月・10月になると、新しいポジションを積極的に作りはじめます。日本が正月休みの間には、海外で大きく相場が動くのはそのためになります!!

 

ここで、一般企業を見ていくと、米国では雇用が政治問題化するぐらいで、多くの企業が海外に拠点を移しています。いわゆる企業のグローバル化です。

 

こうした企業は1年の終わりの近くと、稼いだ利益を本国のアメリカに送金するので、12月になるとアメリカの企業が世界中の国々で稼いだ利益をドルに変えてアメリカに送金するためドル買いが発生し、ドル高の要因になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 僕が勧める「初心者が最速でFXを学べる」モバイルアプリ5選

  2. FX(外貨為替)の1日の値動きのクセについて

  3. スプレットとは何?FXで基本必要になる取引手数料

  4. FXトレード 1年間を通した相場の季節性 下半期編

  5. 「儲からないFXトレーダー」にならないための13の鉄則

  6. マーケットのクセを見極める ゴールデンウィークや年末は旅行者急増で円安ドル高に!

  7. FXの基本編 YouTubeで参考になる初心者必見動画!

  8. FX初心者からの脱皮!④ V字トップ・ボトム(スパイクトップ・ボトム)

  9. FXトレード 1年を通した相場の季節性 上半期編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

HAKUMAへ問い合わせ

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

  1. 投資
PAGE TOP