注目の記事 PICK UP!

将来稼ぐ男性が絶対にしないこと!今から稼ぐ習慣をつけるために

どうも!HAKUMAです^^

 

大学生の女子などは、「将来好きになった男性が稼げるようになれば!」と考えたことはありませんか?

社会に出ると異性との出会いの場というのはグンと減ってしまいます。ただ、学生のうちや社会に出て気になった人も少なくないはずです!今回の記事では、将来稼ぐ人はどんな人なのか?というあやふやのものではなく、将来稼ぐ人が絶対にしないということを紹介していこうと思います!

 

気にしたことはないと思う人も多かもしれませんが、常に付きまとう問題の「お金の問題」は、ないに越したことはありませんからね(・_・;

 

普段の会話やその人の素の行動や発言から見抜けるようになるためには少し紹介していきたいと思います。

 

「お金がない」との発言

元々、「お金がない」と人にいうのは中々恥ずかしいことだと思いませんか?

「今の時代、お金持ってる人の方が少ないから別に…」という人も案外いるかもしれません。

僕たちの世代だとそう言った意識は結構低く、学生時代など多くの友人が「お金がない」と発言していた気がします。ただ。口癖になっている人を見ると、「よくそんなに人前で連呼できるな」という目で見られ、資金管理ができないからというふうに捉えられてしまいます。

「お金がない」とつぶやしている人の6割は人からお金を借りた経験があると僕は聞いたことがありますが、やはり返さないと言った人もいますよね。

そう言った口癖ができてしまっていては、誰に聞かれているとも分かりませんから、大切な仕事を任せされる存在には社会ではなりにくかったりします。

なので、「お金がない」という発言は、たとえ真実だとしても容易に発言しないようにしましょう!

 

口だけ約束

社会に出て必ずと言っていいほど、いう「今度の飲みに行こうよ」という発言。

もっとも叶いにくい口約束だとご存知ですか?

たかが口約束と思うかもしませんが、こう言った口癖を軽々しくその場限りで忘れてしまう人は、やはり今後の考えに大きく影響してきます。

簡単に言って仕舞えば、「約束に大小はない」と律儀に考えて必ず守ることが大切なのです。

できない約束はしないと頭に入れて行動するからこそ、人からの信用を得ることができます。

意外とこう言ったことは出世する人にとっては大切になります。

 

感情的に発言する

自己主張をすることは非常に大切dすが、将来稼ぐような人は、自分の意見をしっかりと述べる場面では感情的な発言というものをしないようにしています!

感情的な発言は、言われた相手も感情的にしてしまうため、生産性のないやりとりに変わってしまいます。

稼ぐ能力が高い人は、感情に流されることもなく、うまくコントロールする術を身につけています。

いつも穏やかに話ができる人は将来きっと役に立つはずです!

 

関連記事

  1. スマホゲームの通貨やアイテムで現金化?空いた時間の副業裏技!

  2. 稼げると人と稼げない人の中途半端なマインドの差

  3. 僕が教えるビジネスは空いた時間を最大限活かすコツ

  4. iPhoneをAppleストアで見て貰いませんか?金券がもらえるちょっとした裏技

  5. ネットビジネスに大切な3つの心得!これから始めるために大切なこと

  6. 富裕層のように稼ぐためには?富裕層のお金を増やすサイクル

  7. あなたも1度は経験がある「裏切り」と「お金のことわざ」

  8. 大学生・サラリーマンに聞いた!年収いくらで「お金持ち」と感じるのか?

  9. ピコ太郎の「PPAP」を無関係会社が商標出願?ズルくも賢いビジネス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

HAKUMAへ問い合わせ

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

  1. 投資
PAGE TOP