注目の記事 PICK UP!

非正規社員が4割が占める今の時代に年金を多くもらえる方法

どうも!HAKUMAです^^

 

自分が歳をとったことは考えたくもないですが、いつかはやってくるのが老後です。

その時に手にできるお金が現役時代の雇用形態よって違ってくることをあなたは知っていますか?

 

 

一般的に非正規雇用は正社員よりも低賃金で、退職金も期待できないとされています。

正社員でも今後は危ういですが….

 

そんな弱い立場で働く人の年金を増やす方法があるのをご存知でしょうか。

 

今回は、最近の雇用形態の実情とともに、保険の仕組みを説明していこうと思います^^

 

集まって飲んでいた時に、高卒で意外と知らなかった友人や大卒でも悩んでいる人がいたので、

飲んでいた時に説明したことを同じ悩みを持つものに向けて書きます!

 

非正規社員は4割に!?日本の企業働く雇用形態の実情

1968774_54a71d9c45_o

厚生労働省が発表した就業形態調査では、民間企業で働く非正規社員のは割合は40.5%に達しており、4割を超えているという結果が出ています。

さらに総務省の労働力調査では、非正規の割合は役員を除いて雇用者全体の37.4%とこちらも4割になるほどの割合で産出されています。

2.5人に1人が非正規雇用者というのは最近の実情ですね汗

僕はつい先日までは知らなかったので、ある程度予想していましたが予想の上をいっていました。

 

 

さらに正社員で働くことができずに

非正規社員としてなくなく働いている人も非正規全体で2割を占めています。

年齢層で分けるなら25〜34歳が最多の3割で、初就職者の4割が非正規という調査データもあるので、大学新卒者で就職後に数年で転職する割合が増えている主な要因の1つといえるはずです!

僕の友達もちょうどこんな感じの人いました笑

 

かと言って非正規社員から正社員への転職も簡単ではないですよね。

総務省での過去5年間の転職者の中で、非正規社員から正社員になった人は24.2%と狭き門になっています。

 

 

非正規でも厚生年金に加入できる意外な方法!

business-people-conference1021-1560x1040

非正規雇用者が増加傾向になることはご理解頂けたと思います。

これに人工知能やロボットも本格的に参入すると

非正規社員の立場もさらにあぶなくなるので想像したくないものです…

 

正社員よりも待遇が不利になりますがちな非正規社員ですが、適正条件さえ満たせていれば厚生年金に加入することもきちんとできます!

 

正規雇用者に比べると低賃金なので、年金の受給額は決して多くはありませんが

企業との掛け金が折半されるので国民年金に比べると有利なのは言うまでもありません!

 

2つの保険が登場しましたが、

あなたは国民年金厚生年金についてきちんとした理解を持っていますか?

少しこの2つのことについて説明していきたいと思います。

 

まずは国民年金についてですが、基礎年金と呼ばれている保険で収入に関係がなく

保険証は差額で受け取る年金額は加入年数に左右されます。

保険料は全額個人負担で会社勤めの人なら給料から天引きされているはずです。

 

一方で厚生年金は、国民年金に上乗せしてもらうことができる保険料のことで会社務めの人が対象になります。

国民年金と違う点は、保険料は会社との折半でもらえる金額も収入に応じるて異なることです。

 

 

厚生年金は非正規雇用者でも

正社員の所得労働時間と日数が4分の3以上働いていれば加入対象になります!

 

なので、非正規雇用でも厚生年金に加入しているのなら無理して転職せずにいても大丈夫だと思います^^

厚生年金に加入しているだけでお得ですので、低賃金で足りない金額は副業でガッツリ稼ぐのも良い方法です!

 

厚生年金が無理?別の賢い方法で!

business-document-proposal1035-1560x1170

厚生年金の加入資格があるのなら会社が加入してくれない非正規雇用者は、全国に200万人もいるという推定結果が調査で出ているようです。

 

保険料の半分を負担すべき雇い主が違法に加入逃れをしていることも考慮に挙げられます。

厚生年金未加入が疑われている企業は80万社程度あり、悪質な企業には立ち入り検査が実施されていて強制介入させる方針にありますが、そう簡単にいかないのが現実ですσ^_^;

それは、厚生年金の保険料未払いは中小の零細企業によっては死活問題になるからです!

「加入したいけど払うことができない…」というのは本音なのです。

 

 

倒産の危険性も少なからずあるので、厚生労働省も無理やり加入させることができない事情があるものの

労働者としては「加入してもらいたい!」という狭間での葛藤があるのが今の現状のようです。

 

 

働く立場の非正規労働者から見ると加入していなかった企業に今後を期待するのは難しい場合

個人型の確定拠出年金で防衛するようにしていきましょう!

 

 

掛け金の限度額は月額68000円で全額自己負担になってしまいますが

全額所得控除となるので、国民年金の保険料に上乗せして所得控除の対象になります。

 

これはとても便利な制度になり、引かれる所得税や住民税が安くなります。

この制度をうまく使っていけば、節税しながら老後資金の準備も行うことができ

最低毎月5000円からになりますが、国民年金基金が65歳から支給開始に対して

確定拠出年金は60歳からの有期年金で、5年や10年と期間を選択することができるので60歳から65歳までのつなぎの資金にすることができますよ^^

 

あなたは忘れていませんか?国民年金を払えないなら免除か猶予申請

入院費用が足りなくて払えない場合

大学生や専門学校に通っていた社会人の生活状況では、苦しい支払いになるかもしれません。

そんな時は、国民年金保険の支払いを免除、または猶予することができます!

免除や猶予の審査ができるのは低所得による免除・失業などによる免除・若者や学生などによる猶予といった種類がありますので、活用しない手はないです。

 

 

支払いが難しいような生活状況で申請しなければ、未納扱いになるので注意が必要です。

しかし、免除申請をしていれば

国から半額負担で年金受け取り金g買うに含まれます。

猶予の場合では、追納しない限りは金額に含まれないので、なるべく免除の申請をするようにしておくことが賢い選択です。

 

猶予制度・免除制度ともに受給期間には含まれるので障害年金や遺族年金の対象になります。

未納扱いは損をするだけすので必ず避けるようにしましょう!

 

 

 

もし、これからの生活や収入を少しでも変えたい!と

あなたが本気で思うなら僕のPCとスマホで稼いで方法を伝授します!

まずは今の給料にプラスで稼げる収入源を作りましょう!

興味のある人は是非⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

関連記事

  1. スマホゲームの通貨やアイテムで現金化?空いた時間の副業裏技!

  2. 20代で月収1000万を稼ぐIT社長の驚愕の仕事術!

  3. サラリーマンの不動産管理会社で収益アップ?法人化の運営方法

  4. 大学生・サラリーマンに聞いた!年収いくらで「お金持ち」と感じるのか?

  5. 40代から思案する退職金をうまく使った資産運用

  6. 日本人が投資をしたがらない理由とは?

  7. iPhoneをAppleストアで見て貰いませんか?金券がもらえるちょっとした裏技

  8. プレミアムフライデー? 意外と関係ない人の方が多い問題

  9. 始まりはネットビジネス? 人気のIT企業はアフィリエイトが根源

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事

HAKUMAへ問い合わせ

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

  1. 投資
PAGE TOP