注目の記事 PICK UP!

FX初心者からの脱皮!⑤ ソーサートップ&ソーサーボトム

どうも!HAKUKAです^^

 

本日のHAKUMA基本編では、ソーサートップとソーサーボトムと呼ばれるチャートパターンを説明していきたいと思います!出現頻度に関しては、そこまで多いということではないのですが、やはり基本編に加えるべきだと感じるほど重要なチャートパターンです。

 

ソーサートップとソーサーボトムも高値圏で天井をつけるパターンと底値圏で見るパターンになります。しかし、見分けが非常につきにくく、ある程度の経験や結果論からこれはソーサーボトム、またはソーサートップになると予想がしやすくなりますので是非参考にこのチャートパターンを身に着けていきましょう^^

ちなみにこれらのチャートパターンは、その形から「鍋底天井」「団子天井」などとも呼ばれてもいます。

 

 

ソーサートップ&ソーサーボトム

ソーサートップ

参考元:hanseioyaji.seesaa.net

ソーサートップは、高値圏で天井をつけるパターンです。

高値圏で上がっては下がってと繰り返し、お皿や鍋のような形を形成するチャートパターンです。

ソーサーとは、お皿を意味しており、天井付近で徐々に高値を更新した後、今後は逆に安値を更新し始める下落に転じるパターンですね^^

 

見分けにくい原因が、水平に近い形で推移していき、チャート形成時には保ち合いと区別がつかない点ですね。利益確定のタイミングを考えている投資家とまだまだ上がると考えている投資家。つまり買いと売りの力関係が均衡している状態にあります。

 

お互いのポジションが様子を見始めると出来高が減少していき、少しづつ価格が下に下がっていきまうす。他のチャートパターンでも説明してきましたが、徐々に上昇トレンドで値動きが少しづつ売りが少しずつ増えていくと、市場参加者がこれ以上は上がらないと判断してロングポジションを持っていた投資家は、弱気になることで一気に下降トレンドに移行していくことでソーサートップの形状になります。

 

ソーサートップの「売りポイント」

FX

売りのポイントは、なにも難しいことはありませんが、ある程度見極めが必要になるのも事実。

そこで移動平均線を利用したデットクロスカブセ線(大陽線の後の終値よりも高く始まったものの、その次の実体の終値が陽線の範囲内に終値をつける大陰性の型)などの出現が目印になります^^

 

ソーサートップを形成した時の最初の谷底をネックラインとする方法もありますが、数種類の指標を利用して見極めていくのがベストですね!ソーサーボトムも同様です。

 

また、ソーサートップ&ソーサーボトム後はプラットホームと呼ばれる保ち合いになることが多く、その後にトレンド方向に加速していくので、「これだ!」と形を自分なりに確認した後、すぐに手を出すのではなく、ネックラインを超えてからなど暫く様子を見てエントリーしていきましょう^^

 

逆に買いはその逆ですので、長たらしく説明は不要です笑

 

ではでは、本日はここまでにしておきます^^

HAKUMAでした~

 

 

「投資に興味があるけど何から勉強したら良いのか分からない…」

「少ない資金からでも始められるの?」

「プロトレーダーになりたい!」

もし、僕のブログを見てくれたあなたが、投資を始めて見たいと思ったら

僕が参考にしているメルマガなどをリンクで貼っておくので是非参考に登録してみてください^^

↓↓↓↓↓

 

 

関連記事

  1. AI(人工知能)3億稼いだ!? 進化するFXでの利益の上げ方

  2. 移動平均線の見方

  3. FX基本 逆指値とは?

  4. 世界で一番使われているテクニカル指標。移動平均線とは?

  5. FXの基本編 YouTubeで参考になる初心者必見動画!

  6. FXトレード 1年間を通した相場の季節性 下半期編

  7. FX基本 指値とは?

  8. FXトレード 1年を通した相場の季節性 上半期編

  9. スプレットとは何?FXで基本必要になる取引手数料

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

HAKUMAへ問い合わせ

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

  1. 投資
PAGE TOP