注目の記事 PICK UP!

FX初心者からの脱皮!⑥ 三角保合い(トライアングル)

どうも!HAKUMAです^^

 

為替の価値とチャートというのは株価と一緒で上昇と下降を推移していきますが、上昇幅が大きいときもあれば小さいときもあると本当に生きているように動くときがあります。

しかし、価格が上昇や下降などの一方的に進むのではなく、蛇行しながら一定の範囲の中で上下している状態のことを「レンジ相場」「持ち合い」と呼ばれています。今回のチャートパターンで紹介していくのは、そんな持ち合い状態のチャートがどのように動いていくのを説明していきたいと思います^^

 

 

三角保ち合い(トライアングル)

trendline_7

チャートで頻繁に出現する持ち合いパターンは、三角形を描くような格好でもみ合うケースで、三角持ち合い(トライアングル)と呼ばれるタイプで、このチャートパターンを確認するときは持ち合い状態になっている価格の高値を結ぶ線と安値を結ぶ線を引くことで、次第に上値のラインと下値のラインが次第に近づき三角になるのが三角持ち合いです。

 

 

三角保ち合いは、上値と下値のラインを延長していくと、どこから交差し、その交差した地点を最終地点として価格が上に抜けていくのか?下に抜けていくのか?という点を想定していきます。

 

上昇トレンドの途中で三角保ち合いが出現すれば、この価格を上に抜けていく上昇トレンドが継続する可能性を示するシグナルです。持ち合い状態を抜けたあとに「どれぐらい上がりそうか?下がりそうか?」という第一目標は、三角形の底辺にあたる部分を抜けた値幅を上、または下に抜けた地点からまっすぐに伸ばした地点が目標になります。

 

三角持ち合いのパターン

j0567_01

三角持ち合いには、パターンが3つほどありますので簡単に説明していきたいと思います!

①の三角持ち合いについては、買いも売りも均衡している状態で小さい値幅の中で動いています。出来た三角形が二等辺三角形で価格がどちらに向かうか先行きが分からない不透明な状態ですね。

②は先行きが強気の三角持ち合いです。出来た三角形の左上が直角に近い状態で、上昇に向かう可能性が高くなります。

 

③については逆で、先行きが弱気の三角持ち合いで出来た三角形の左下が直角に近い状態ですね。②とは逆ですので下降する可能性が高くなります。

 

この3種類については非常に分かりやすいですね^^

上がりもせず、下がりもせず中央に集約していけば不明。

②のように買いは一定のところで抑えられるものの、安値をジリジリ切り上げていくということは買いの勢いが勝っていると判断できます。③は先程の説明と同じで逆。つまり、売りの勢いは一定の所で抑えられているものの、高値をジリジリと切り下げていっているということで、買い側の力が尽きることでそのあと一気に売りに勢いがまします。

 

保ち合い、つまりレンジ相場ですが当然相場の殆どを占めているのは、この状態です。

なので、トレンドの天井や大底のチャートパターンを知ることも非常に重要ですが、圧倒的に保ち合いが多い相場で利益をだしていくためにもは、レンジ相場のチャートパターンを覚えるのも必須です。

 

最初は覚えることが多く感じるかもしれませんが、慣れるとかなりの武器になりますので是非覚えていきましょう!

ではでは、HAKUMAでした~^^

 

関連記事

  1. FX&バイナリーオプションは多数決? チャートを知ろう!

  2. 僕が勧める「初心者が最速でFXを学べる」モバイルアプリ5選

  3. 大学生4年生が回答「社会人になったら資産運用したい」7割

  4. FX初心者からの脱皮!④ V字トップ・ボトム(スパイクトップ・ボトム)

  5. 空いた時間で旦那より稼ぐ?主婦の「おうちでネットトレード」

  6. スプレットとは何?FXで基本必要になる取引手数料

  7. FX初心者

    FX初心者からの脱皮!① チャートの基本パターンを網羅する

  8. FXの基本編 YouTubeで参考になる初心者必見動画!

  9. AI(人工知能)3億稼いだ!? 進化するFXでの利益の上げ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

HAKUMAへ問い合わせ

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

  1. 投資
PAGE TOP