注目の記事 PICK UP!

FX基本 売りから入る空売りとは?

どうも!HAKUMAです^^

 

日本円で通貨を購入して、円安が進んだところで売買して利益を出す。これが一般的なFXのスタイルですが、FXでは、売りから入って後から買い戻すということで利益を出すことができます。

 

 

本来なら、1ドル100円のレートで1万ドル、つまり100万円分を購入し、一ドル110円になったら売り、10万の利益を出すというふうに利益を得ることが可能で、これが買ってから売るというスタイルです!

 

逆に一ドル110円のレートで、実際には保持していない1万ドルを売り、一ドル100円になってからその分の金額を買い戻すというようなことで10万円の利益を得るというのが、売ってから買うというスタイルです。売ってから入るというのは空売りとも呼ばれ、株取引でも使われる専門用語になっています!

 

持ってもいないドルを売るという概念に首を傾げている人もいるかもしれませんが、ドルを取引会社から借りていると考えれば納得いくのではないでしょうか?

簡単に言えば、買う・売るといった権利を売買しているのです。

 

 

借りた1万ドルを、一ドル百十円のレートでそのまま売り、110万円分持ちます。

しばらくして一ドルの金額が100円に下がったら、今度は110ドルでドルを購入知ることで、1万1千ドルが手に入り、借りた1万ドルを返済しても差額の1千ドル(10万)の利益を自分のものにできるわけです。

株取引でも、空売りのシステムはありますが、株の場合は借りた分の金利を支払わなければなりませんので、FXの方がその分有利といます^^

 

買ってから売るというような場合なら、円高の時に購入して円安の時に売ることで利益を得ることができるわけですが、売って購入する場合は、逆に円安の時に売り、円だからの時に買い戻すことで利益を得ることができるので誤解しないように注意しておきましょう!

 

つまりは、為替レートが上がっている時でも、下がっている時でもどちらでも利益が出すことができるというわけですから、売り入っても損してが出てしまうこともあるわけです。簡単に説明すると、1ドル110円のレートで1万ドルの売りから入り、110万円分のポジションを持つと仮定する場合、その後レートが下がって一ドル120円の時に買い戻すと約9160ドル、つまり10万円分の損失が出てくるということです。

 

関連記事

  1. 仕事を辞めたいとあなた考えていませんか?辞めるかの判断材料

  2. HAKUMA日記2 大学訪問!「インタビュー動画作成?」

  3. 老後までは働きたくない….

  4. kitonで友達の就職祝いを購入!お洒落な大人の魅了をプレゼント

  5. Mac初心者だった僕が「今でも使っている5つのオススメアプリ」

  6. 今話題の新SNS マストドン(Mastodon)を使ってみた感想と使い方

  7. これがパーティーピーポー!週末の贅沢な遊び

  8. 「人は見た目が100パーセント」から伝わる第一印象の大切さ

  9. バレンタイン? いや、ふんどしの日だ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

HAKUMAへ問い合わせ

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

  1. 投資
PAGE TOP