このページをまだ閉じないでください!!

メンター
ここまでで

「成功する人とそうでない人を分ける3つの違い」

のうちの1つ

「参入すべき正しい分野」

についてお話してきました

これからビジネスをスタートさせる人の多くは
参入する分野を特に思い入れもなく
何となくでも選んでしまうケースが多くあるので
注意が必要です

HAKUMA
はい、まさに以前の僕がそんな感じでした

「今は~が稼げる」

という言葉をすべて鵜吞みにし、
片っ端からいろんな分野に参入して
どれも中途半端になっていました

ただ、そうして何となく参入分野を選んだ瞬間に
成功するかどうかがある程度決まってしまうのですね・・・

メンター
そうですね

そう考えると残酷といえば残酷です

無知であることがいかに罪深く恐ろしいことであるかもわかります

HAKUMA
はい、おっしゃるとおりだと思います
メンター
・・・一方で
何となくで選んだ瞬間に成功するかどうかが決まる
その残酷さがあるのは
何も参入する分野に限った話ではありません

それは、「いったいどうやって学ぶのか?」

すなわち、「学習方法の選択」

においても同じことが言えます

 

ビジネスにおいて成功しやすい分野と
そうでない分野があるように、
ビジネスを学ぶのにもやはり成功しやすい方法と
そうでない方法が存在するのです

HAKUMA
そうなのですね!

初めて知りました・・・

メンター
ただ、悲しいことに、そもそも選んではいけない
難易度の高い学習方法があることすら気づくことなく、

あまりに多くの人が誤った学習方法を選び続け、

それを自己投資と勘違いしながら
貴重な資金をみすみすドブに捨ててしまっている

それもまた事実です

HAKUMA
・・・
メンター
もちろん、そんなやり方を続けていれば
いくら自己投資をしようが、
いっこうに稼げるようならない
あやかった学習方法を選択する限り

そこにいくらお金を注ぎ込んでも
なかなか成功に近づくことはできません

HAKUMA
お恥ずかしい話ですが・・・

僕はこれまで100万円近くを
様々な情報やノウハウを買うために使いましたが
まったく稼ぐことができませんでした

過去に私が自己投資だと思って
大金を支払ったものの中にも

「選んではいけない学習方法」

があったということでしょうか?

メンター
その可能性は高いですね

もしHAKUMAさんが過去に
情報商材やノウハウ系の教材
セミナーの類や高額塾orオンラインスクール

こういった学習方法で成果を出そうとした経験があれば、
そもそもの学習方法の選択として
根本的な部分で大きな勘違いをしている可能性が高い

そのままの方法を続けても、
いっこうに稼げるようにならないため
注意が必要です

 

成功する人とそうでない人の3つの違い

その2:学習方法の正しい選択

 

メンター
稼ぎ方を学ぶ方法として、誤った選択を避け
正しい選択をするためにも
実はHAKUMAさんにちょっと考えてみてほしいことがあるのですが、
HAKUMA
はい、なんでしょうか?
メンター
それは、現在の日本において

「最も合理的な学習システムを確立している場」

とは何か?という質問です

HAKUMA
最も合理的な学習システムを確立している場ですか?
メンター
はい

結局のところ、それを理解することが
学習方法の正しい選択につながり
資金をみすみすドブに捨ててしまうことを防いでくれます

HAKUMA
難しいですね・・・

すみません、さっぱりわかりません

いったいどこにそんな学習システムを
確立している場があるのでしょうか?

メンター
現代における最も合理的な学習システムを確立している場

実はそれは

『自動車教習所』

なのです

HAKUMA
え、自動車教習所って
あの免許を取るために行く教習所のことですか?

教習所なら僕も免許を取りに通ったことがありますが・・・
とてもそんな学習システムがあるとは思えなかったのですが・・・

メンター
確かに、
世の中には様々な学習システムが存在し
それぞれそれなりに機能しています

しかし・・・

合宿免許であればわずか2~3週間で
ハンドルを握ったこともない人間を
公道を走れるドライバーにしてしまう

もちろん程度の差はあれど
もともとの本人の能力や年齢、
経験値に依存することなく
一定の成果を出し続ける

実はこれほどまでに
再現性の高い学習システムが確立された場は
他にはなかなかありません

HAKUMA
・・・すみません

まだいまいちピンとこないのですが、
教習所のどこがそんなにすごいのでしょうか?

メンター
大丈夫です

これから詳しく説明していきます

そもそも、投資やビジネスを学ぼうと思うと
そこにはどういった手段があるのか?

個人がビジネスを学ぶ際によく用いる学習方法を
大きく4つのタイプに分けてそれぞれの特徴を
1つずつ詳しく解説していこうと思います

 

次のページへ進む>>

メンター
ここまでで

「成功する人とそうでない人を分ける3つの違い」

のうちの1つ

「参入すべき正しい分野」

についてお話してきました

これからビジネスをスタートさせる人の多くは
参入する分野を特に思い入れもなく
何となくでも選んでしまうケースが多くあるので
注意が必要です

HAKUMA
はい、まさに以前の僕がそんな感じでした

「今は~が稼げる」

という言葉をすべて鵜吞みにし、
片っ端からいろんな分野に参入して
どれも中途半端になっていました

ただ、そうして何となく参入分野を選んだ瞬間に
成功するかどうかがある程度決まってしまうのですね・・・

メンター
そうですね

そう考えると残酷といえば残酷です

無知であることがいかに罪深く恐ろしいことであるかもわかります

HAKUMA
はい、おっしゃるとおりだと思います
メンター
・・・一方で
何となくで選んだ瞬間に成功するかどうかが決まる
その残酷さがあるのは
何も参入する分野に限った話ではありません

それは、「いったいどうやって学ぶのか?」

すなわち、「学習方法の選択」

においても同じことが言えます

 

ビジネスにおいて成功しやすい分野と
そうでない分野があるように、
ビジネスを学ぶのにもやはり成功しやすい方法と
そうでない方法が存在するのです

HAKUMA
そうなのですね!

初めて知りました・・・

メンター
ただ、悲しいことに、そもそも選んではいけない
難易度の高い学習方法があることすら気づくことなく、

あまりに多くの人が誤った学習方法を選び続け、

それを自己投資と勘違いしながら
貴重な資金をみすみすドブに捨ててしまっている

それもまた事実です

HAKUMA
・・・
メンター
もちろん、そんなやり方を続けていれば
いくら自己投資をしようが、
いっこうに稼げるようならない

誤った学習方法を選択する限りそこにいくらお金を注ぎ込んでも
なかなか成功に近づくことはできません

HAKUMA
お恥ずかしい話ですが・・・

僕はこれまで100万円近くを
様々な情報やノウハウを買うために使いましたが
まったく稼ぐことができませんでした

過去に私が自己投資だと思って
大金を支払ったものの中にも

「選んではいけない学習方法」

があったということでしょうか?

メンター
その可能性は高いですね

もしHAKUMAさんが過去に
情報商材やノウハウ系の教材
セミナーの類や高額塾orオンラインスクール

こういった学習方法で成果を出そうとした経験があれば、
そもそもの学習方法の選択として
根本的な部分で大きな勘違いをしている可能性が高い

そのままの方法を続けても、
いっこうに稼げるようにならないため
注意が必要です

 

成功する人とそうでない人の3つの違い

その2:学習方法の正しい選択

 

メンター
稼ぎ方を学ぶ方法として、誤った選択を避け
正しい選択をするためにも
実はHAKUMAさんにちょっと考えてみてほしいことがあるのですが、
HAKUMA
はい、なんでしょうか?
メンター
それは、現在の日本において

「最も合理的な学習システムを確立している場」

とは何か?という質問です

HAKUMA
最も合理的な学習システムを確立している場ですか?
メンター
はい

結局のところ、それを理解することが
学習方法の正しい選択につながり
資金をみすみすドブに捨ててしまうことを防いでくれます

HAKUMA
難しいですね・・・

すみません、さっぱりわかりません

いったいどこにそんな学習システムを
確立している場があるのでしょうか?

メンター
現代における最も合理的な学習システムを確立している場

実はそれは

『自動車教習所』

なのです

HAKUMA
え、自動車教習所って
あの免許を取るために行く教習所のことですか?

教習所なら僕も免許を取りに通ったことがありますが・・・
とてもそんな学習システムがあるとは思えなかったのですが・・・

メンター
確かに、
世の中には様々な学習システムが存在し
それぞれそれなりに機能しています

しかし・・・

合宿免許であればわずか2~3週間で
ハンドルを握ったこともない人間を
公道を走れるドライバーにしてしまう

もちろん程度の差はあれど
もともとの本人の能力や年齢、
経験値に依存することなく
一定の成果を出し続ける

実はこれほどまでに
再現性の高い学習システムが確立された場は
他にはなかなかありません

HAKUMA
・・・すみません

まだいまいちピンとこないのですが、
教習所のどこがそんなにすごいのでしょうか?

メンター
大丈夫です

これから詳しく説明していきます

そもそも、投資やビジネスを学ぼうと思うと
そこにはどういった手段があるのか?

個人がビジネスを学ぶ際によく用いる学習方法を
大きく4つのタイプに分けてそれぞれの特徴を
1つずつ詳しく解説していこうと思います

 

次のページへ進む>>

 

PS

本編レポートの他にも豪華な特典を差し上げています。

メンター
ここで言う教材とは
いわゆるビジネス書やノウハウ系の情報商材と呼ばれる
類のものを言います
HAKUMA
僕もそうですが、お金を稼ごうと思うほとんどの人が
そういったビジネス書や情報商材を
一度は手にしたことがあると思います・・・
メンター
そうですね

確かに世の中には良書と呼ばれる書籍や
何十年、何百年と読み継がれる古典が存在し、

時代が変わっても通用するような
普遍的な内容の教材も存在する

これは紛れもない事実です

こういった教材を
真っ向から否定するつもりはありません

 

しかし、少なくとも私は
教材で学習するという行為を続けている限り、
大抵の人は大きな成果を上げることはできない
と考えています

HAKUMA
え、そうなのですか?

なぜ、そういった教材で学習しても
たいした成果が出ないのでしょうか?

メンター
それには明確な理由があります

・・・というのも、教材で学習することを
自動車教習所でたとえるなら

教習所で配られる教本(教科書)を
ひたすら読むこむだけで
車の運転を覚えようとする行為

こういったアプローチとなんら変わりません

HAKUMA
なるほど・・・
メンター
考えてみてほしいのですが・・・

仮に教習所で配られる何冊ものテキストに
マーカーを引き、メモを取りながら
ボロボロになるまで必死に読み込んでいる生徒がいたとします

では、どこからどう見ても真面目そうなこの生徒は
このようなアプローチを続けることで
はたして実際に車を上手に運転できるようになるでしょうか?

HAKUMA
・・・いや、たぶん無理だと思います
メンター
なぜそう思いますか?
HAKUMA
う~ん・・・

そもそも、教本を読んで頭で理解することと
実際に運転することは別ものだと思うので・・・

メンター
そうですね

これはゴルフや釣りの本を読んで
いくら知識だけを蓄えたところで
実際にゴルフや釣りが上手くなるわけではない

そんな事実とよく似ています

 

そして、もちろんこれと同じことは
投資やビジネスにも当てはまります

多くの人が真面目に書籍や
情報商材を読み込み勉強を続けることで
いつかは大きく稼げすようになるだろうと
淡い期待を抱いています

 

が、しかし、いくら書籍や情報商材を読み込んで
真面目に勉強を続けても
実際に稼げるようには
まずならないということです

HAKUMA
確かに、教習所のたとえで考えてみると
教科書を必死に読み込んでも
車は運転できるようにならないし、
ビジネスでも成果が出せないことがなんとなくわかりますが・・・

でも、なんで教材で学習する行為は
成果につながりにくいのでしょうか?

メンター
それは・・・書籍や教材で学ぶという学習方法には
大きな2つの落とし穴が存在するためです
HAKUMA
2つの落とし穴ですか?
メンター
はい

そもそも「稼ぎ方」に限らず
物事を学ぶ際には必ず「知識レベル」「実技レベル」

両方を高める必要があり、双方を高めない限り
どんなジャンルであっても成果を上げることはできません

しかし、教材での学習では、そのうちの一つ
知識レベルしか上げることができない

これが、書籍や教材に潜む、1つ目の落とし穴です

HAKUMA
ちょっと待ってください、そもそも

「知識レベル」と「実技レベル」

っていったい何ですか?

メンター
たとえば・・・

教習所で配られる教本を読み込むこと
ゴルフや釣りの本を読み込むこと、そして
ビジネス書や情報商材を読み込むことというのは

これららはどれもあくまで
「知識レベル」を高めるアプローチなのです

HAKUMA
「知識レベル」を高めるアプローチ?
メンター
はい

イメーシとしては
自分自身の脳みそという名のコンピューターに
新しいソフトやアプリを
どんどんインストールしていくような行為です

つまり・・・

新しいビジネス書や情報商材を買ってきて
それを読み込み勉強することは

エクセルやパワーポイントなどのソフトを買ってきて
それを自分のパソコンに入れることと

やってること自体は何ら変わらないということです

ただ、エクセルやパワーポイントを買ってきて
パソコンにインストールしたからといって、

実際にそれらのソフトを使いこなしてデータを解析したり
効果的なプレゼン資料を作成して
仕事で成果を出すことはできるでしょうか?

HAKUMA
・・・いえ、たとえソフトをパソコンにインストールしたとしても、
それを使いこなせない限りは成果は出せないと思います
メンター
そうですよね

ソフトをパソコンにインストールすることと、
それを使いこなせるようになることが
全くの別ものであるように、

教材を読み込み知識レベルを高めることと、
それらの知識を実際に使いこなして
成果を出すこともまた、

全くの別ものなのです

HAKUMA
確かに、自動車の運転を覚えるのでも、
教本を使って知識レベルを上げるだけでなく、
状況に応じて適切な判断をしながら
実際にハンドルを握りアクセルを踏み
車を運転する実技レベルも上げなければ
運転できるようにはならないですもんね
メンター
そのとおりです

それと一緒で、投資やビジネスでも、書籍や情報商材を使って
知識レベルを上げるだけではダメで、

実際にお客さんに商品やサービスを提供したり、
実際にトレードをして試行錯誤しながら
自分の実技レベルを向上していかなければならないわけです

こういったアプローチで実技レベルを高めていかない限り
いくら教材を使った学習で知識レベルだけを高めても
いっこうに成果を上げることはできません

 

繰り返しますが、車の運転だろうとゴルフだろうと
釣りだろうと、そして投資やビジネスだろうと
知識レベルだけでなく同時にその知識を使いこなす

『実技レベル』も高めない限り
思うような成果を手にすることはできないのです

HAKUMA
知識レベルと実技レベル

両方を高めることができて初めて
大きな成果を得ることができる

これが学習方法を選択する際には
非常に重要なポイントになるということですね

メンター
そのとおりです

しかし、このことを知らず、知識レベルしか上げることのできない
書籍や教材にお金を投資するばっかりに、
多くの人は一向に成果を上げることができないのです

HAKUMA
なるほど

ただ・・・一つ思ったのですが、

それは別に教材自体が悪いというわけではなく、あくまで教材の
「使い方」の問題なのではないでしょうか?

たとえば、教材で真面目に勉強するのはもちろん、それだけでなく
そこで身に着けた知識をしっかりと実践していくことさえできれば、
実技レベルも上がるのではないかと

 

ようするに、ちゃんと実践が伴いさえすれば、
教材で学ぶことも成果につながっていくと思ったのですが・・・

メンター
なるほど

確かに、考え方としては間違っていません

ただ、ここで一つお話しておきたいことは、
その教材で学んだことを「実践していく」というのが

実は何よりも難しい

ということです

HAKUMA
え、そうなんですか?
メンター
はい

これが教材という学習方法の
2つ目の落とし穴です

特に投資やビジネスの場合は
よっぽど能力が高い人でもない限り、

基本的には教材で学んだことを
そのまま実践して成果を出すのは・・・

ほぼ不可能なのです

 

この事実を理解しない限り、いつまでも教材を買い漁るだけで
成果を出せずに終わってしまうため、注意が必要です

HAKUMA
そんな・・・なぜ教材で学んだことを実践するのは
そんなに難しいんでしょうか?
メンター
それは・・・

教材という学習方法には、そもそも

構造上の致命的な欠点

が存在するためです

HAKUMA
構造上の致命的な欠点ですか?
メンター
はい

たとえば・・・

月収10万円を稼ぐ人と、月収50万円を稼ぐ人と、月収100万円を稼ぐ人

もしくは実践して1ヶ月の初心者か、実践して1年以上の上級者

という分け方でもいいでしょう

HAKUMAさんはこれらの人々をひとくくりにして
皆が同じ1つの教材で学ぶことに疑問を感じないでしょうか?

HAKUMA
・・・そう言われてみると、確かに実績やレベルが違う人たちが
同じ1つの教材で学ぶのは非効率というか、ちょっと無理がある気がします
メンター
そうですよね

今はわかりやすいように、あくまで実績やレベルの違いを例に出しましたが、
それ以外のもっと細かい部分で見ても、教材の購入者と言うのは
一人一人が置かれた状況も違えば、個々が持つ知識や経験値などの
バックグラウンドも全く違うでしょうし、

さらに言えば、抱えるニーズや今必要としている情報も
一人一人全く異なるのではないでしょうか?

HAKUMA
確かに、そうですね・・・
メンター
また、もっと言えば、たとえ同じ人であっても、

・今日のHAKUMAさん
・1ヶ月後のHAKUMAさん
・半年後のHAKUMAさん

はそれぞれのタイミングごとに必要な情報も全く違ったものになるはずです

であれば、本来なら学習カリキュラムや教材も画一的なものではなく、
それぞれの状況やレベル、ニーズ、タイミングに合わせて
かなり細かくカスタマイズされたものが求められるはずです

HAKUMA
確かに・・・その通りですね
メンター
しかし、一方で、いわゆるビジネス書や情報商材などは、そのような「個人の細かいニーズに答える」という発想では一切作られていません

広く一般に販売されているような教材は
なるべく多くの人に購入してもらうことで
売上を最大化しようとするので

逆に、全く異なるレベルや状況に置かれている人たちを
できるだけひとくくりにして、
誰が読んでも一定の満足が得られるように
その内容が作りこまれていきます

HAKUMA
なるほど・・・
メンター
では、この前提を踏まえると、広く一般に販売される教材は
どんな内容になっていくと思いますか?
HAKUMA
えーっと・・・多くの人が手に取ることを考えると・・・
ニッチすぎる話や個別具体的な話はできないので
おそらく一般論とか抽象的な内容がその大半を占めることになるのではないでしょうか
メンター
そのとおりです

広く一般に販売される教材はその構造上、
一人一人が抱える細かいニーズや状況に合わせて
その内容を変えていくことは不可能であるため、
購入者一人一人に合わせて
細かくカスタマイズされた内容とは絶対になりません

結果として教材を手にとった人が
その内容を実践しようと思えば
教材の中で語られる一般論や抽象的な話を

自分自身の手で自分専用にカスタマイズされた
個別具体的な「行動」にまで落とし込まなければなりません

 

・・・ただし、それがとにかく難しいのです

HAKUMA
なるほど・・・それは確かに難しそうですね・・・
メンター
たとえば、これがもともと大リーグで活躍するイチロー選手のような才能があれば、
極端な話、「来た球を打つだけ」
という抽象的な内容を見ても
それを自分の頭で噛み砕いて理解し、今の自分に何が足りなくて
明日から何をしなければいけないのか

個別具体的な行動や練習メニューにまで落とし込んで
実践につなげ打撃力を高めていくことができるでしょう

HAKUMA
・・・
メンター
ただ、その一方、そのような一部の天才を除けば
「来た球を打つだけ」というような抽象的なアドバイスを与えられたところで
そこから打撃に必要な要素をすべて理解し、
明日からの個別具体的な行動やTODOリストに落とし込める人は
まずいないでしょう

結局よくわからないまま、ちょろっと実践してみるものの
上手くいかず先に進めずに、手が止まってしまう

最終的にはそれ自体を投げ出してしまう
という状態に陥ってしまいます

HAKUMA
それは、僕自身も経験があります

以前、難易度が高い参入分野とも知らず、
SEOでの集客をメインとしたアフィリエイトをやろうとしたとき、
教材の中に書いてある

「オリジナリティのある記事を書くこと」
「良質なコンテンツをたくさん作ること」
「記事を書いたらリンクをたくさん貼ること」

という抽象的な内容を見ても

じゃあ実際に何がオリジナリティのある記事なのか?
何が良質なコンテンツなのか?
どんなリンクを貼ったらいいのか?

それを個別具体的な行動やTODOリストまで落とし込めずに
手が止まってしまい、
結局何もできずに終わってしまいました

メンター
そうですよね

教材を買ってみたものの、
HAKUMAさんと同じような問題を抱えて
それを最後まで実践できない人は、
実際かなり多くいると思います

ちなみに、HAKUMAさんはそのとき
どんな感情をいだいたか覚えていますか?

HAKUMA
・・・

そのときはせっかく数万円というお金を払って
安くない教材を買ったのに、
その内容を実践できずに放り出してしまう自分に、
ものすごく残念な気持ちになりました

教材販売者の方にも

「実践できないあなたが悪い」

と言われ、自分はダメなやつなんだと、
自分を責めたい気持ちになりました

メンター
なるほど、でもそれは
あくまで一般論や抽象論しか書いていない
書籍や教材という学習方法を選んでしまった時点で

そもそも構造的に無理があったのであって、

決して実践できない人が悪いわけではない
ということは、ぜひ覚えておいてください

HAKUMA
なるほど・・・

そう言ってもらえて、なんだか救われた気がします

メンター
確かに教材販売者の中には
その教材で成果を出せない理由として

「内容を実践できない購入者が悪い」

というような主張をする人もいます

しかし、私に言わせてもらえれば、それはナンセンスな話

 

そもそも、構造上致命的な問題を抱えている
教材という学習方法を選ぶ限り、
よっぽど能力が高い人を除いて
教材の内容をそのまま実践することも
それによって成果を出すこともほぼ不可能です

HAKUMA
そうだったんですね・・・
メンター
ビジネス書や情報商材などの教材は
実践につなげにくく成果にもつなげにくい学習方法であり、
そこにいくらお金を注いでもいっこうに稼げるようにはならない
学び方であるということはぜひ肝に銘じておいてください

 

次のページへ進む>>

 

PS

本編レポートの他にも豪華な特典を差し上げています。

メンター
続いて2つ目の学習方法ですが、
ここでいうセミナーとはオフラインで開催されるものや、
もしくはウェブ上で配信されるウェビナーと呼ばれるものを指します
HAKUMA
このようなセミナー形式は
いわゆる学校や予備校の授業の形式とほぼ同じですよね
メンター
そうですね

確かに日本人にとってはこのような「座学」形式が
最も慣れた学び方であるのは間違いありません

ただし・・・

はっきり言ってしまえば、
このようなセミナーに参加して成果を出せるか?
稼げるようになるか?と言えば、
それはかなり難しいと言わざるをえません

HAKUMA
教材だけでなく、セミナーもダメな学び方なのでしょうか?
メンター
はい

同じようにイメージするとわかりやすいかもしれませんが、

ある生徒は教習所の座学で一つの講義も休むことなく出席し、
つねに一番前の席に陣取って講師の言葉を一言一句
もらさず聞いていました

そうやって安全運転のルールをよく学び、
上手く運転するコツを頭の中に入れました

では、このどこからどう見ても真面目な生徒は
ひたすら座学を受けるというアプローチを続けることで
はたして上手に車を運転することが
できるようになるでしょうか?

HAKUMA
・・・いや、この人もそのやり方を続ける限り、
たぶん一生運転できるようにはならないと思います
メンター
なぜそう思いますか?
HAKUMA
やっぱり、座学で勉強することと
実際に運転することは別ものですし・・・
メンター
そうですね

教本を読み込む人と同様に、
座学で勉強していても一向に実技レベルは上がりません

そのため、そのようなアプローチを続けたところで
いつまで経っても運転できるようにはなりません

HAKUMA
・・・
メンター
そして、このことは同じく投資やビジネスの
「稼ぎ方」を学ぶ際も当てはまります

いくらセミナーに参加して真面目に勉強を続けても
実際に稼げるようにはまずなりません

HAKUMA
教材で学ぶことと同じで
セミナーも結局はあくまで先ほど話した
「知識レベル」を高めるだけで

それを実践していくために必要な
「実技レベル」はいっこうに上がらない
という落とし穴があるということでしょうか?

メンター
そのとおりです

また、広く参加者を募集するセミナーも
なるべく多くの人に参加してもらって売上を最大化しようとするので
やはり全く異なる状況やレベルにおかれている人たちを一括りにして
誰が参加しても一定の満足度が得られるように
その内容が作りこまれていきます

HAKUMA
・・・
メンター
では、もうおわかりだと思いますが、
この前提を踏まえると広く一般に参加者を募集するセミナーは
果たしていったいどんな内容になっていくと思いますか?
HAKUMA
やっぱり多くの人が参加することを考えると、
ニッチ過ぎる話や個別具体的な話はできないので

教材同様に誰にでも当てはまる一般論や
抽象的な内容がその大部分を占めるのではないかと思います

メンター
そのとおりですね

つまり、セミナーというその構造上
参加者一人一人が抱える細かいニーズや状況に
合わせてカスタマイズされた内容には
絶対にならない

結果として、セミナーに参加した人が
その内容を実践しようとすれば、
自分専用にカスタマイズされた
個別具体的な行動に落とし込む必要があるわけですが・・・

問題はそれがとにかく難しいということです

HAKUMA
そうなのですね・・・
メンター
もしくは、セミナーで語られていない
イレギュラーな問題が発生し、
それを解決できずに先に進めなくなってしまう

結果、せっかくセミナーで方法論を学んでも
それを効果的な実践につなげていくことができない

最終的にはそれ自体を投げ出してしまうという
状態を避けては通れません

HAKUMA
確かに、僕自身、以前に同じような経験をしたことがあります

一時期セミナーに片っ端から参加していた時期があったのですが、
結局その内容を実践したり、
自分のビジネスに活かすことができず、

そんなダメな自分に、いつもものすごく残念な気持ちに
なっていたことを思い出しました

メンター
なるほど・・・

ただ、それはあくまでセミナーという
あくまで多くの人が参加することが前提で作られ、
一般論や抽象的な内容しか学べない
学習方法を選んでしまったからこそ
ハマってしまう構造上の落とし穴だということ

そもそも、そんな構造的に欠陥のある学習法を
選んでしまったのが原因であって、
決して実践できない人が悪いわけではない

ということも覚えておいてください

HAKUMA
ありがとうございます

そう言ってもらえて安心しました

メンター
特に日本人の場合は学校教育の影響で
1人の講師の話を30~40人で聴く
いわゆるセミナー形式で学ぶことに慣れているため、

大人になっても、どうしてもその形で
学ぼうとしてしまう傾向にあります

 

しかし、真面目に講義を聴いていれば高得点が取れた
学校の勉強と違い投資やビジネスの場合は
いくら知識レベルを問う座学の試験で
高得点が取れるようになっても意味がありません

むしろ、車の運転と一緒で
実技のほうが重要なので、
日々己の実技レベルを高めていかなければ
いっこうに成果を上げることはできません

HAKUMA
なるほど

実技>知識

ということですね

メンター
そのとおりです

セミナーは良くも悪くもその瞬間は

「私は今勉強してる」

という気になってしまうため、
その後もついつい通い続けてしまうという
やっかいな特徴があります

 

また、セミナーという場は
良い意味でも悪い意味でも
共通の悩みを抱える横のつながりができやすい

セミナー会場で出会った仲間と、
大学のサークル感覚で群れることが楽しくなってしまい、
セミナー後の懇親会や飲み会目当てで
セミナー通いをやめられなくなってしまう

そうやって一向に実践につながらず、
成果が出ないという人も多いのが現実です

HAKUMA
・・・じ、実は僕も以前はその典型だったと思います

変な仲間意識だけ高まって、
意識の低い者どうしで群れてしまい
結局肝心な自分のレベルは何一つ上がらなかった経験があります

メンター
気にする必要はありませんよ

先ほども言ったように、
セミナーはそもそも構造上の致命的な欠陥を抱え、
その内容を実践することがとにかく難しいもの

よっぽど高い能力を持つ人を除いて
それによって成果を出すことはほぼ不可能なのです

HAKUMA
わかりました
メンター
セミナーも教材同様に
そこにいくらお金を注ぎ込んでも
いっこうに稼げるようにはならない学び方
であるということを
ぜひ肝に銘じておいてください

 

次のページへ進む>>

 

PS

本編レポートの他にも豪華な特典を差し上げています。

メンター
続いて3つ目の学習方法ですが
それは高額塾やオンラインスクールで学習することです

ここでいう高額塾、オンラインスクールと呼ばれるものは
参加費が20~30万円程度で1つのテーマに沿って
3ヶ月~半年程度期間を区切ってDVDやストリーミング形式で
動画コンテンツが配信されるものを言います

HAKUMA
最近は常に何かしらの高額塾のプロモーションが
行われているように思うのですが・・・

果たしてその実態はどういったものになるのでしょうか?

メンター
結論から言ってしまえば、
高額塾やオンラインスクール類も
その実態は実際のところ

オフラインのセミナーを収録して
DVDやストリーミング形式で配信しているだけなので
本質的には先ほど紹介したセミナーで学習する行為と
何ら変わりません

HAKUMA
なるほど・・・

ということはやはり高額塾も
投資やビジネスの学び方としては
おすすめできるものではないということでしょうか?

メンター
そのとおりです

塾やスクールという言葉を聞くと
非常に価値のあるもののように思えてきますが
その実態がセミナーと何ら変わらないものである限り、
高額塾に参加してそれだけで稼げるようになるのか?
と言えば、

やはり、なかなか厳しいものがあります

HAKUMA
高額塾の参加者は何百人もいるのに、
その中で稼げる人は1%もいない・・・
といった話をよく耳にするんですが

それはそもそも高額塾という学び方や
教え方自体に無理があるから、
ということなんですね

メンター
そのとおりです

高額塾も結局は
あくまで知識レベルを高めるアプローチに過ぎないため、
いくらDVDやセミナー動画を繰り返し見ても、
教習所でいう実技部分のレベルは
一向にあげることができません

HAKUMA
高額塾やスクールの類も
ひたすら座学だけで自動車を運転しようとする行為
何ら変わらないということですね?
メンター
そういうことです

加えて、高額塾も教材やセミナー同様に、
広く一般に参加者を募集することで売上を最大化しようとするため、

やはりまったく異なるレベルや
状況に置かれている人たちを一括りにして
誰が参加しても一定の満足が得られるように
その内容が作りこまれていきます

HAKUMA
その前提を踏まえると・・・
高額塾もやっぱり一般論や抽象的な話がその内容の
大半を占めてしまうということですね
メンター
そのとおりです

つまり、セミナーというその構造上、
参加者一人一人が抱える細かいニーズや状況に
合わせてカスタマイズされた内容には
絶対にならない

結果として、セミナーに参加した人が
その内容を実践しようとすれば、
自分専用にカスタマイズされた
個別具体的な行動に落とし込む必要があるわけですが・・・

問題はそれがとにかく難しいということ

よほど能力が高くなければまずできません

HAKUMA
そうなのですね・・・
メンター
多くの場合、高額塾で語られる
万人受けを狙った内容やモデルケースが
自分自身が今置かれている状況に当てはまらず

ほとんどの人は、
自分が何をすればいいか結局よくわからないまま、
ちょろっとだけ実践してみるも
うまくいかずにそこで手が止まってしまう

結果、せっかく塾の講義を受けて方法論を学んでも
それを効果的な実践につなげていくことができない

最終的にはそれ自体を投げ出してしまうという
状態を避けては通れません

HAKUMA
僕も以前参加費数十万円を払って
高額塾に参加したことがあったのですが、
結局学んだことをうまく実践することができず、
徐々にフェードアウトする形になってしまいました・・・
メンター
なるほど・・・

ただし、それもオンラインスクールという
学習方法で学ぶこと自体にそもそも無理がある
のだということをよく理解してください

あくまで、多くの人が参加することを前提に作られ
一般論や抽象論しか話せない
高額塾という学習方法を選んでしまったからこそ
ハマってしまう構造上の落とし穴にハマってしまっただけ

決してその内容を実践できない参加者が悪いわけではありません

HAKUMA
わかりました

ありがとうございます

メンター
高額塾という学び方をやめれば
20~30万円という資金を
みすみすドブに捨ててしまうことも
防ぐことができます

繰り返しになりますが、
高額塾も教材やセミナー同様に
そこにいくらお金を注いでも
いっこうに稼げるようにならない学び方である

ということをぜひ覚えておいてください

 

次のページへ進む>>

 

PS

本編レポートの他にも豪華な特典を差し上げています。

メンター
ここまで紹介してきた方法は
いずれも自分以外の誰かに学ぼうとする
アプローチですが、

中には誰からも教わらずに
一人で学ぼうとする人も少なからずいます

HAKUMA
いわゆる「独学」ですね
メンター
はい

しかし、基本的に独学で学ぶことは

百害あって一利なしです

文字通り大けがをしたり、
数か月~数年という途方もない時間を
ただただ無駄に過ごしてしまう可能性もある・・・

全くおすすめできないアプローチだということを
ぜひ覚えておいてください

HAKUMA
なるほど・・・

でも、なぜ独学はおすすめできないのでしょうか?

メンター
これも自動車教習所でたとえればわかりやすいでしょう

独学で学ぼうとするのは、言ってみれば

教習所にも通わず、成果を出すための
体系化された方法論も一切学ばず、
ただひたすら自分ひとりで車を運転しようとする行為

こういったアプローチと全く変わらないからです

HAKUMA
なるほど・・・
メンター
一度イメージしてみると
わかりやすいかもしれませんが、

HAKUAMAさんは家族や友人の誰かが

「私は明日から独学で自動車の運転を学ぼうと思う」

そんなふうに言ってきたとしたら
いったいどう思うでしょうか?

HAKUMA
そうですね・・・

まず真っ先に

「そんな馬鹿げたことはやめておけ」

って言うと思います

メンター
なぜそう思いますか?
HAKUMA
そもそも自動車は独学で運転できるようになる
ものではないと思いますし・・・

変な運転をしたばっかりに、事故を起こして
大けがをしてしまう可能性もあると思います・・・

メンター
そうですね

ちなみに、安全面以外に
「学習に費やす時間」についてはどう思われますか?

HAKUMA
そもそも独学で自動車を運転するなんて
まったくイメージできませんが・・・

どう考えても通常の数倍の時間がかかると思いますし、
下手したら何年かかっても運転できるようにならない
ケースもあると思います

メンター
そうですね

そこに費やした膨大な時間を
ただ無駄にしてまうリスクを考えると
わざわざ独学を選んで
遠回りする必要はないように思いますよね

実は、その感覚は投資やビジネスでも全く変わらない
ということをぜひ覚えておいてください

HAKUMA
そ、そうなのですか?
メンター
独学で稼ぎ方を学ぼうというのは、
教習所に通うことなく独学で
自動車を運転しようとすることと何ら変わらない、
全くバカげた行為だと断言できます
HAKUMA
・・・
メンター
ただ、投資やビジネスでは
あまりに多くの人がその危険性を理解せず

バカげた行為だとも知らずに独学で突き進み
無知であるがゆえに
いきなり無謀な投資をしてしまい

数百~1千万円単位の借金だけを抱えたり
ビジネスにおいてお金よりも重要な
信用をすべて失って再起不能になるなど、

文字通り取返しのつかないことに
なってしまっている人が非常に多いです

HAKUMA
怖いですね・・・
メンター
もしくは独学によっていらぬ遠回りをして
途方も無い時間を無駄に費やし、
ビジネスで成果を上げられないまま
何年もの時間だけが経過してしまっている

そんな残念なケースも多くあります

 

投資やビジネスは自分ひとりの力だけで
なんとか成果を出そうともがき苦しむよりも
誰かに教えてもらったほうが
圧倒的に早く成果が出る

これは真理です

HAKUMA
・・・
メンター
私自身も不動産やネット広告の運用などの
事業を始めた時はその分野の専門家や
第一人者をチームやパートナーに加え、
彼らのアドバイスに耳を傾け、
彼らの力を借りながら事業を拡大してきました

独学ではあれだけのスピードや規模感で
収益を拡大することはまずできなかったと思います

HAKUMA
木村さんでさえ、
今でも様々な人から学びを得てきているわけですから、
僕が独学で稼ごうとするなんて
おこがましいにもほどがありますよね(苦笑)
メンター
私がコンサル生に常々話していることがあって、
それは守・破・離における
「守」の大切さなんですね
HAKUMA
「守破離」とは確か武道などの
修業における段階を示したものですよね?

「守」は、師の教えを忠実に守り、確実に身につける段階

「破」は、自ら良いと思うものを選んで取り入れる段階

「離」は、完全に独自のスタイルを生み出し確立させる段階

と聞きました

メンター
そのとおりです

そして、私自身、まだこの守・破・離でいうところの
守のフェーズだと自分では思っているのです

HAKUMA
そ、そうなんですか?
意外ですね・・・
メンター
・・・いや、むしろ何か物事を
最短でうまくいかせたいのであれば、
「守」を徹底することこそ最も早道なのです

しかし、多くの人は少し学んでは離れ、
また少し学んでは離れ
を繰り返しているからこそ、いつまで経っても
そこにある「本質」にたどり着けないのではないかと
私は考えているのです

HAKUMA
そこにある「本質」ですか・・・
メンター
そうです

だから私はこれまでも、そしてこれからも

いつまで経っても「守」のままです

HAKUMA
・・・
メンター
繰り返しになりますが、
独学で突き進むことは百害あって一利なし

文字通り再起不能に陥るほどの大けがをしたり、
数か月~数年という途方もない時間を
ただただ無駄に費やして遠回りしてしまうだけのやり方であり

投資やビジネスを学ぶアプローチとしては
全くおすすめでいないということを
よく覚えておいてください

 

次のページへ進む>>

 

PS

本編レポートの他にも豪華な特典を差し上げています。

HAKUMA
教材でもダメ、セミナーでもダメ、高額塾でもダメ

もちろん独学でもダメ・・・

じゃあ、どんな学習方法を選べば
最短最速で成果を出せるようになるのでしょうか?

メンター
逆にHAKUAMさんに聞きたいと思いますが、
これまで論じてきた学習方法において
致命的に欠けているものはいったいなんだと思いますか?
HAKUMA
これまでの話を加味すると
教材もセミナーも高額塾も基本的には
知識レベルのみのアプローチに偏っていて
実技レベルを思うように上げることができないものでした

そこで、やっぱり、知識レベルだけでなく、
技術レベルを高めるやり方
選ぶ必要があると思います

また、これらはすべてその他大勢をターゲットにしているため、
抽象的な内容や画一的なモデルケースしか学べないことも
実践につなげにくくなっている大きな原因だと思います

メンター
そうですね

ではそのような問題点を改善するには
いったいどんな学び方がいいと思いますか?

HAKUMA
それはやっぱり、
多くの人が手に取ることを前提に作られた学習方法ではなく、

自分専用に細かくカスタマイズされ、
今この瞬間から何をすればいいのかが具体的かつ明確になるもの

また、その内容を実践につなげやすく
技術レベルを上げやすい方法であること

そして、想定外の状況にもすぐに軌道修正ができて
実践が止まらないもの

 

実際にこんなものがあるかはわかりませんが・・・

今言ったような条件を満たす学び方であれば、
実践も伴うし、知識レベルだけじゃなくて技術レベルも上がるので
成果につながるんじゃないでしょうか?

メンター
そうですね

今HAKUMAさんが言ってくれたような
学習方法を選ぶことができれば
知識レベルだけでなく、技術レベルもどんどん上げていくことができる

もちろん成果もバンバン上げることができるでしょう

HAKUMA
でも、そんな学習方法が、世の中に本当にあるのでしょうか?
メンター
・・・実はこれ、最初に

『現代における最も合理的な
学習システムを確立している場』

として紹介した

『自動車教習所』

の学習システムそのものの姿なんです

HAKUMA
え、どういうことですか?
メンター
たとえば自動車教習所のレッスンでは・・・

助手席に座る教官から

「今日は坂道発進の練習をしてみましょう」

「今日は前回上手くできなかったSランクに
もう一度チャレンジしてみましょう」

・・・など、マンツーマンの指導自分専用に細かく
カスタマイズされた具体的かつ明確な学習カリキュラム
提示してもらうことができます

HAKUMA
確かに・・・
メンター
もちろん、やることが明確なので
実践にもつながりやすく実技レベルをどんどん上げていくことができる

また、すぐ隣で教官に手取り足取り教えてもらえるので
イレギュラーなことや想定外のことが起きても
すぐに軌道修正してもらうことができる

そのため、実践が止まることなく、
効果的に実技レベルを上げていくことができます

HAKUMA
なるほど!

稼ぎ方に限らず、何かを学ぼうとする時は
そういった「マンツーマン」で指導してもらうこと

一番効果的な学習方法となるわけですね?

メンター
そのとおりです

これは他のどんな物事を学習する際も当てはまります

たとえば、英会話のスキルを上達させたいと思えば
英会話の方法を本や教材で読み込むあるいは
セミナーや動画でいくら勉強しても・・・

それだけではあくまで知識レベルが上がるだけ

抽象的で自分専用にカスタマイズされた内容でもないため
実践につなげることができず
いっこうに英語を話せるようにはなりません

HAKUMA
そうですね
メンター
・・・一方で

自動車教習所でいうところの実技のように
マンツーマンでネイティブの先生が教えてくれる
英会話のような学び方を選ぶことができれば・・・

自分専用に細かくカスタマイズされ
今この瞬間に何をすればいいのかが
具体的かつ明確な学習カリキュラムを提示してもらうことで

実際に英語でコミュニケーションを取り
ボディランゲージも交えながら実践を繰り返し
実技レベルを上げていくことができる

加えて、すぐ隣にいる先生から手取り足取り教えてもらうことで

イレギュラーなことや想定外の事態に直面しても
すぐに軌道修正してもらうことができる

実践が途中で止まることなく
効果的に技術レベルを上げ
英会話のスキルを上達させることができます

HAKUMA
なるほど!
メンター
同様に、投資の場合も
本や教材、セミナーで学ぶだけでは
あくまで知識レベルが上がるだけ

一方でこうして私がHAKUMAさんにマンツーマンで
教えるような環境を選ぶことができれば・・・

自分専用に細かくカスタマイズされ、
今この瞬間に何をすればいいのかが
具体的かつ明確なアクションプランを提示してもらうことで

実際にトレードをしながら様々な手法や理論を
実践で試すことを繰り返し、
実技レベルをどんどん上げていくことができる

 

加えて近い距離で手取り足取り教えてもらうことで
イレギュラーなことや想定外の事態に直面しても
すぐに軌道修正してもらうことができる

実践が途中で止まることなく、
効果的に技術レベルを上げ
圧倒的なスピードで成果を出すことができます

HAKUMA
投資に限らず、何かを学ぼうとするときは
教習所でいう実技のようにマンツーマンでの指導や
近い距離で手取り足取り教えてもらうことが
大事なんですね
メンター
そのとおりです

さらに、付け加えるなら・・・
マンツーマンであればこうして私が
HAKUMAさんの質問に即座に回答しているように
時間の許す限りいくらでも疑問点をぶつけられる

実際に対面で会って教えてもらえる

あるいは電話やメールや
もしくチャットでいつでもコンタクトが取れる

こういった環境を作り出すことで
疑問点やモヤモヤした点がいくらあっても
すぐにそれらをクリアにしていける

常に頭の中がスッキリした状態で実践することができるのも
マンツーマンで教えてもらうことの大きなメリットです

HAKUMA
なるほど!
メンター
まとめると・・・

投資やビジネスに限らず何でもそうですが、
物事を学ぶ際はマンツーマンで教えてもらえるような環境で

自分専用に細かくカスタマイズさえ具体的かつ
明確なアクションプランを提示してもらいながら
実践を繰り返し実技レベルをどんどん上げていくこと

 

加えて近い距離で手取り足取り教えてもらうことで
イレギュラーなことに直面しても
すぐに軌道修正してもらえる状態を作ること

そうやって実践が途中で止まらないようにして
効果的にレベルアップしていくことが非常に重要となります

HAKUMA
わかりました!

ありがとうございます!

 

次のページへ進む>>

 

PS

本編レポートの他にも豪華な特典を差し上げています。

PAGE TOP