• FX
公開日: 更新日:

マーケットのクセを見極める②

どうも!HAKUMAです^^

 

日本と海外の季節性で為替相場を比べる際のポイントは2つあります。

1つ目は、企業の決算日の違い。そして2つ目は、各国の休日の違いです!

 

日本では、3月決算と言って、4月から翌年3月まで1年間という決算期間を採用している企業がいいですが欧米の場合、12月決算がとても多く、1月から12月までを1年としています。

 

また、最近は11月を決算期としている企業も増加しており、ほとんどの企業が四半期決算を採用しています。

日本では、半期決算が多いため、企業が決算に向けて為替取引をするのが多くても年に2回ですが、欧米では年に4回と異なります。機関投資家は、決算に向かってポジションを縮小することが多めで、相場も決算手間の時期はそれまでの動きと反対の動きをすることがよくあります。

 

具体的に言うと、3月・6月・9月・12月のそれぞれ上旬から中旬がこの時期に当たります。特に年度の最終月でもある12月が一番重要で、逆に期の初めに相当する1月・4月・7月・10月になると、新しいポジションを積極的に作りはじめます。日本が正月休みの間には、海外で大きく相場が動くのはそのためになります!!

 

ここで、一般企業を見ていくと、米国では雇用が政治問題化するぐらいで、多くの企業が海外に拠点を移しています。いわゆる企業のグローバル化です。

 

こうした企業は1年の終わりの近くと、稼いだ利益を本国のアメリカに送金するので、12月になるとアメリカの企業が世界中の国々で稼いだ利益をドルに変えてアメリカに送金するためドル買いが発生し、ドル高の要因になります。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP