注目の記事 PICK UP!

  • FX

スプレットとは何?FXで基本必要になる取引手数料

どうも!HAKUMAです^^

 

FXを始めている人は知っていると思いますが、スプレットと言うものをご存知でしょうか?

 

スプレットとは、英語で広がりや幅と言う意味がありますが、FX用語でもスプレットは同じように表されています。ただ、その広がりには2つの意味があり、各国の国債や金利の差を1%の100分の1を単位を用いて、bps(Basis Point Spread)と言う意味と、2つ目が実際に取引をするためにFXの会社が提供している売値と買値の差を表しているものの2つです。

簡単に言うと国債や金利の話でスプレットと聞いた場合は、1つ目の意味。FX会社おはなしの流れで聞いた場合は2つ目を意味することになりますが、FXで言う意味は買値と売値の差を出すスプレットになります。つまりは、実際に取引するにあたっての手数料になるわけです。

今回は、そんなスプレットに関して説明していこうと思います^^

 

 

数あるFX会社の利益は、このスプレットによって発生しています。例えば、米ドルと日本円の取引の場合、まずFX会社は顧客に対して米ドル回と米ドル売りの為替レートを提供します。その際に、買い取引の為替レートに対して1銭など会社により変わりますが、上乗せした為替レートで提供しています。この上乗せされた1銭というのがスプレットと言われるものになり、FXで売買するにあたってFX会社に支払う手数料になります。

 

そして、米ドルを売り円を買う取引を行った場合も最終的には決算をする必要ばあるので、その取引の際に上乗せされた買い取引の為替レートを取引することになります。ちなみにFX会社ではなく、普通の銀行にも違う名目で導入されていますね。

 

FX会社によってスプレット(手数料)が違う

スプレットは買値と売値の差額分でFX会社の利益に直結している手数料のようなものですが、この手数料もFX会社によって異なります。スキャルピングやデイトレードなどを主としたトレーダーは、取引回数が多めになりがちですので、少しでも少ないスプレットで取引手数料を減らすように考えています。そうしなければ、少ししか利益があげられなかった場合、手数料の方が多く取られてトータルでマイナスになっていた…なんていうことにもなりかねないからです。

 

ちなみにこのスプレットというのは、各FX会社が独自の幅を導入していますので会社ごとにスプレット幅を比較して口座を開設するとをお勧めします。

 

スプレットの差でどこまで取引コストが変わる?

実際に各FX会社ごとに変わりますが、どれぐらいの金額が変わるのか?

イメージは出来るものの、具体的にはまだはっきりとしていないと思いますので、ここで例を出してみます。

A社→スプレットが3銭×取引通貨が1万通貨=300円

B社スプレットが0.5銭×取引通貨が1万円=50円

こうして比較してみると差額に250円もあるのがわかるはずです。

実際に取引を始めようと思ったら1日に2、3回しか取引しないなんていうことはない思いますので、シャルピングなら10回20回かけるこの差額分の金額ですからて適当で決めてしまうのは、1ヶ月または、1年という長い期間で見てみると大きく資産に差が出てくるのはご理解していただけると思います。

 

また、取引通貨が10万や100万など大きな金額になるとその手数料は、かなりの金額になります。将来的には、スプレットが0になる可能性があると言われていますが、手数料がかかるうちは、できるだけ損をせずに気軽に取引ができるようにスプレットの幅が小さいFX会社で取引するようのしていきましょう!

 

ではでは、HAKUMAでした〜

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


関連記事

  1. 移動平均線の見方

  2. FXで自動売買を使って500万円運用してみた実績(成績)公開!! 【7月編】

  3. 外貨為替の取引の種類

    外国為替市場とは? 全体像を把握してFX(外為)の基礎を身につける

  4. MT4のダウンロード方法とXMでのデモ口座開設 「初級編②」Mac・Windows対応

  5. 大学生4年生が回答「社会人になったら資産運用したい」7割

  6. 投資のプロが初心者向けにおすすめの勉強(独学)方法を公開します!

  7. FX初心者からの脱皮!② ダブル(トリプル)・トップ(ボトム)

  8. FXとバイナリーオプションで初心者が100万の利益を稼ぐ方法とコツ!

  9. マーケットのクセを見極める②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. パレートの法則
  2. バイナリーオプション

HAKUMAへ問い合わせ

口座開設

口座開設

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

  1. ビックマック指数
  2. 外貨為替の取引の種類
PAGE TOP