注目の記事 PICK UP!

20代で月収1000万を稼ぐIT社長の驚愕の仕事術!

どうも!HAKUMAです^^

 

僕もアフィリエイトや株などのネットビジネスで稼いでいる自負はありますが、

やはり僕以上に稼いでいる人も当然います!

 

その稼いでいる人たちの1人で、仕事術を紹介していたので記事にしていこうと思います^^

その男性は年収1億を稼いでいる経営者で、月収1000万を超えるビジネスパーソン(ビジネスマン・ビジネスウーマンに代えていう語。実業家。経営者)です。今の不景気の時代に景気の良いような話ですが、普通にこの内容だけを見ると「成功者は特別な才能を持っているから」と何かと理由をつけて自分にはできないと考えている人も少なくないはずです。

 

しかし、彼を含めて成功したと言われるほど稼いでいる人たちは「何も特別なことをしていない」という人がほとんどです。

 

この人は大学進学後にインターネットビジネスを始め、初月で20万を稼ぎ1年後には大学を辞めたそうです。普通に考えれば、お金を稼ぐために大学に入っているのですから、稼げるようになり人生設計ができるのであれば、大学に行くのも無駄かもしれませんね。

 

彼はその後1人でPC一台で起業して22歳で月収3000万を超えたそうです。現在は六本木の高層マンションの上層階に住んで安定期に数千万と稼いでいますし、毎月社員も増やして事業拡大してますが、彼は自分のことを「ごく普通の人間」だと言っているそうですが、そんな彼はどうして成功を収めることができたのか?

それは、稼ぐために無駄を徹底的に省くことを大事にしてうえで、仕事や時間の短縮をしてきたからだそうです!!!

その仕事術、気になりませんか?

実際に成功してお金持ちになった経営者の仕事術を順を追って紹介していきます。

 

仕事場では当たり前のはずの常識を疑う!

111114lightandnatural

日本の職場では圧倒的に無駄が多いにも関わらず、その無駄な箇所を徹底的に省くという発想自体も少ないと彼は言います。

 

例えば、社会人としては当たり前の名刺なども

今はFacebookという便利なコミュニケーションツールにもなるシステムがあり、名刺そのものが入らないと彼は言っており、デスクワークにおいてもスーツを着ることも無駄だと言います!

 

あなたも思いませんか?

営業も行っているサラリーマンに言えば必須ですが、会社内にしかいない場合にスーツが必要か?

と聞かれれば「特には…」答える人もいるはずです。

正直な話、僕も気持ちに切り替えになどにはなると思いますが、仕事のやりにくさや窮屈感を感じます。現在IT系ではほとんどが私服出勤と昔ではありえないようなことが実現しています。

 

これはスーツについても無駄だとバッサリ切り捨てているそうです。

そして書類や契約書につきものである何個も押された印鑑についても、「そんなに必要なの?」と苦言を呈しています。

 

朝礼・夕礼も無意味で古いと行わずに、会議も30分とコンパクトに抑えて徹底して効率の良さを追求した組織を形成しているそうです。

 

今現在行われている会社の習慣についても無駄は多いですが、今の現代人はそれを省こうとする発想自体がないのは事実でしょう。あなたも会社に勤務していて感じることはありませんか?

 

まずは、当たり前に疑問を持つこと!才能がなくても、頭が良くなくてもできますよね。

この差が彼が1億稼げるようになった1つのポイントです。

 

仕事のコミュニケーションを高速化して情報交換を早く行う

lgf01a201311250700

連絡ツールの1つとしてメールがありますが、意外と時間を取られてしまいます。

 

そこで彼は、Skypeを使って社員に指示を出したり、ビジネスパートナーと打ち合わせを行うそうです。

僕も仕事の打ち合わせをするために会うことはありますが、Skypeでも頻繁に打ち合わせを行っています^^

 

Skypeなら通話も無料ですし、すぐにコミュニケーションをとることができるので時間短縮にもなるそうです!

LINEなどの若年層に人気のコミュニケーションアプリも今では会社で積極的に使われていますよね。

 

また、会社内でのやり取りで「了解しました」という言葉が頻繁に出てくることに気づいた彼は、了解しましたの代用として「r」を使い時間短縮をしているそうです。

「そこまでやるか!?」

と思うかもしれませんが、ワンクリックで入力が終わるのならいいかもしれませんね!

コミュニケーションの合理化を図り、無駄を一気に省くという考えはあまりないかもしれませんが、考えてみると「確かに…」と共感できる部分もあるはずです。

 

 

営業も無駄!全てプログラムで営業をかける

IMG_6323

毎いろんな会社やお客様のところに足を運ぶ営業マンはかなりいると思いますが、今のインターネットが普及している時代に営業マン自体が不要という持論を展開しています。

 

その根拠は、営業活動は基本的にプログラムで全て行えるという理由からです!

営業マンの人件費もそうですが、1日に交通費もバカにできません。

 

彼は営業マンこそ最も無駄な経費だと言い放っています。プログラム化というのは、メールを使いこなして商品の販売を効率化するというもの。彼の場合は、8万の読者がいるためメルマガが営業のツールとなっています。

このやり方もアフィリエイトのやり方の1つですね^^

 

実際に稼いでいる成功者の仕事術を3つ紹介しましたが

どうでしたか?

あなたも心のどこかで疑問があったにも関わらず

言葉にできなかった、または頭に当たり前すぎて出てこなかったと感じているかもしれませんが価値観や違う視点でいることがまずは成功者になる第一歩にもなります。

これからのいきなり変えるのは難しいかもしれませんが、本当に変わりたいなら

是非参考にしてみてください!

 

あなたは社畜のような生活を抜け出したいと思っていませんか?

あなたは何か人生を変えるきっかけはないか迷っていたりしませんか?

もし、本当にこれからの生活を変えたい!

自分で稼げるようになりたい!と少しでも思ったなら僕のPCとスマホを使った稼ぎ方を教授します!

興味のある人はこちらから⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


関連記事

  1. 金

    金価格で分かる為替相場「金の価格は人々の不安を映し出す鏡」

  2. 日本人が投資をしたがらない理由とは?

  3. お金に働いていもらい、お金を増やす事とはどういうことなのか。

  4. 独立を考えている40代サラリーマンが意識しなくてはいけないポイント

  5. たったの1000円から始める「不労所得」を作り上げる投資の裏技

  6. お金持ちはなぜモテるのか?「狩猟時代から変わらない好かれる魅力」

  7. ド素人が資産を増やすために知っておくべき「お金の話」

  8. サラリーマンを続けて年収1000万になる可能性と確率

  9. 40代から思案する退職金をうまく使った資産運用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP