公開日: 更新日:

バイナリーオプション必勝に不可欠な感情を見える化する5つの手順

どうも、HAKUMAです。

 

バイナリーオプションでよく聞く話で、メンタルが影響して負けてしまったという話を耳にすることはありませんか?

これはバイナリーオプションだけではなく、投資全般に言えることではあります。

しかし、特にバイナリーオプションという投資に関しては、超短期間に取引が行なわれるため、他の投資に比べてメンタルが崩れやすく、かつ損失が発生しやすい投資種目になります。

 

そのぶん、メンタルコントロールできるようになった投資家が強く、勝ち続けることも難しくないでしょう。

 

しかし、現実問題として「メンタルが…」なんて言われてピンと来ない人の方が圧倒的に多いと思います。

そこで、今回の記事ではあなたがバイナリーオプションで取引する際にどのような感情が取引に直結していているのかを調べ、記していく投資ノートの付け方を5つの手順でお伝えしていこうと思います。

 

感情という目に見えない部分だからこそ、文字に起こしてハッキリと確認できる状態にしなければいけません。そうでなければ、過去の取引の記憶に引っ張られたり、勝ったときの快感や負けたときの悔しさがいつまでも消えない感情的なトレードが多発して損失を出してしまうことになりかねません。

 

この記事で、あなた自身の感情からくる「欲」や「焦り」

そして「不安」や「安心」など取引する際に障害になり得る原因を解明できるようにしましょう。

 

バイナリーオプションで感情日記を付ける際の5つの項目

バイナリーオプションを行い、取引する際のメンタルコントロールするためにも感情日記を付けるといいましたが、闇雲に思い当たるものを項目化し、確認するのでは意味がありません。

まずは、あなたがバイナリーオプションで取引する際に考えている投資戦略も含めて、しっかりと感想なども残し、損失管理表などと一緒に確認できるようにしましょう。

感情日記を付ける際には、次のことを項目化して書いていくことが良いでしょう。

  1. 当日の方針
  2. トレード中の考えや行動
  3. トレード毎の損益
  4. 当日の感想
  5. 当日のチャート添付

計5つですが、一週間や一日の損益なども合わせて、相場状況の感想や実際のチャート形成。

そして、取引を始める前には、あなたがどのような考えで相場を判断し、戦略を考えたのか?

それを考える必要があります。

そのためにも、まずはこの各項目を説明していきたいと思います。

 

①取引当日の方針

バイナリーオプションで取引する当日の方針が決まらなければ、取引をしたとしても見ている時間で部分的に負けてしまったり、予測が難しい相場で取引したりと、自ら損失を出しにいってしまうようなことになります。

バイナリーで取引する際には、その日負けた後はどのように対処するのか?

「連続で負けた場合のみ取引を中止する」

「最初の取引だけデモ取引で試す」

「3回負けたら取引金額を下げる」

など、当日の方針は少なくとも取引を開始する30分前には立てておくことができればベストですね。

 

バイナリーオプションで負けるトレーダーはその日の方針も立てずに、その相場の雰囲気やウェブ上にある他人の意見を元に売買を繰り返します。

勝てるトレーダーは、必ずその日の方針を立てて自分の考えだけに基づき取引を行います。

最初は方針を立てるのが難しく感じるかもしれませんが、毎日方針を立てる練習を繰り返していけば、徐々にですが方針は立てられるようになってきます。

 

②バイナリートレード中の考えや行動

バイナリーオプションで取引する際には、裁量に近い取引を行い人が多いと思いますが、裁量トレードですから当然、自分の感覚で売買するわけです。

 

つまり、なぜHighエントリーにしたのか、なぜRawエントリーにしたのかという理由は「買いシグナルが発生したから」と書いてはいけません。

 

「勢いが合ったから取引を見送った」「相場の動きが鈍いから逆張りで入った」このような書き方もNGです。

この書き方だと、この文章を1ヶ月後や2ヶ月後に読んで参考になるでしょうか?

「勢いが合ったから取引を見送った」と書いた場合には、勢いがある状態がどういう状態かを書かなければいけません。誰が見ても勢いがあると判断できる客観的な理由が必要です。

相場の動きが鈍いというのはどのような値動きなのか?

後から見ても参考にするためには明白な数値や指標が必要になります。

 

あなたの感情として捉えたものは数日たつと曖昧になってしまいます。

明白な数値や指標があれば、後から見ても理由をハッキリと認識することができるはずです。

方針を立てている時は、何かしら論理的に考えていかなければいけないということですね。

 

③バイナリーオプションで発生した損益

次にバイナリーオプションの損益を書く内容です。

損益については「勝ち回数」「負け回数」「利益」「損失」「損益」

の計5つを記入しましょう。

記入例としては、

損益利益損益勝ち回数負け回数
+8,200円13,200-5,00031
+4,400円4,400010

このように簡易的でいいでしょう。

週間毎に見直していくのであれば、勝率を追加していくでもいいですが、その場合パソコンやアプリなどを使った方が自動的に計算してくれるので楽です。

 

④当日の取引感想

取引の感想については、状況確認の意味も込めて取引した際の細かな点やその取引時にあなたがどういった感情だったか?

「チャンス!」と感じたのか。

あるいは「以前負けた経験が…」と不安になったのかを記載し、取引状況にプラスで湧き上がった感情も書くようにしてください。また、その時に過去の記憶が蘇って楽観的な感情から無駄な取引が増えたなど書いていくことができれば、見に見えない感情を見える化して弱点を確認することが出来ると同時に、克服できるようになります。

 

2回目のエントリー後、すぐに価格が上昇して3回目のエントリーチャンスが来たが、MACDで買いのサインが発生し、勝つ短期的にも長期的にも上昇トレンドが発生したため、買いの勢いが強いと判断。そのため、取引金額を普段の半分にして取引した。
そのおかげがもあって、負けても必要以上に焦らずに次のエントリーポイントを探すことができ、精神的にも余裕を持つことができた。
また、初回のエントリーはデモ取引にしていたため、勝って利益にはならなかったが、2回目以降の取引で気持ち的に躊躇いなく取引することを可能になった。

反省点:最後の取引で判断ミスからエントリータイミングが遅れたがエントリーしてしまった。おまけに転売してしまい損失が出たが、転売していなければ利益になっていたため、余計に悔しくて最後の取引で少し金額を上げてしまった。

 

⑤当日のチャート画像添付

バイナリーオプションで取引しようと判断したMT4のチャート画像も添付しておくと、後から見た時にとてもわかり易くなります。

これは、同じ相場状況を繰り返さないために、よりイメージしやすくなりますし、1分足・5分足・1時間足などのメインで確認している時間足以外のチャート以外も添付しておくと、他の時間足の相場の流れや勢いなどから違いを敏感に察知できるようになります。

ワードなどのソフトを使っている場合には、チャート画像を保存しておいて、リンクを張っておいてもいいですね。

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

バイナリーオプションというのは投資の中でもずば抜けて取引時間が短く、為替価格の変動の影響を受けやすいので予測は難しく、決して簡単ではありません。

そのような状況の中で自分の大切な資金を使って取引するのですから、不安になるのは当たり前だと思います。

 

その不安を少なくするためにもあなたはしっかりと手法を固め、その手法を元にトレードすることが求められます。それこそ機械やシステムであれば感情も入らないため「不安」や「欲」というものは出てこないでしょう。

 

しかし、人間であればトレードしていて感情の起伏があるのは当たり前です。

この環状の起伏は誰もが普通に経験していることです。

 

不安というのは精神的な痛みとも言い換えることができるかもしれません。

人間の身体は叩かれたり、殴られたりすると痛みを感じますよね。

この痛みがあるからこそ、防御しようとしたり、危険だと感じるはずです。

 

痛みを感じなければ、非常に危険な状態であっても全く気づかないということだってあり得えるわけですから、不安や焦りというのはマイナスイメージだけで捉えるのではなく、その感情が発生した状況や原因をしっかりと書き留めて改善できるように、見える化していきましょう。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

口座開設

PAGE TOP