注目の記事 PICK UP!

バイナリーオプション新年1発目の生放送! 勝率100%だったトレンド手法

どうも!HAKUMAです^^

 

2018年になって初めての生放送。

昨年に続き、今年はより放送時間を長くして視聴者に稼いで頂けるように考えています。

新しい歳を迎えましたが、新しいことも次第にやり始め2018年は始まったばかりですが、

かなり充実した1年で過ごすことができそうです!

 

さて、今年1発目の放送ですが、

通貨に関しては、USD/JPY・AUD/USD・EUR/JPY・GOLD。

上記の4つになります!

通貨は去年と変わりませんが、今年に入って皆さんが少しでも一緒に稼いでいけるように

僕も放送する時間を長くする予定なので楽しみにお待ち下さい!

 

今回の取引時間は、1時間程度で動き始めたところを放送で狙ったのですが、

後半部分でかなり勢いが失速。

経済指標もあったので、取引は1回になりました。

 

 

取引した通貨はEUR/JPY。

トレンド用の手法でエントリーし、問題なく勝利!!

50,000円でのエントリーなので、42,500円の利益になります。

 

 

今年1発目のエントリーは幸先良く利益を出して終わりことができて、

ちょっとほっとしてますし、勝率100%です笑

 

見ている時間や取引できる回数は1時間で何十回もあるわけではありませんが、それでも取引していれば安定した勝率で勝つことが出来る手法があるのは、投資家として自由に取引するための余裕も生まれるため非常に効果的だと思います。

 

勿論、手法が1つだけではなく複数ある方が好ましいので

僕自身、今の手法を使いつつ新しい手法のを考えながら取引をしています。

 

 

そういった常に前を向き続けるトレードというのは

これからもそうですし、ずっとしていきたいと思いますので、皆さんも是非投資家として成長できるようになりましょう。

今後の放送でも僕のチャートに表示してあるテクニカル指標や取引に関する質問などあれば、いつでもLINE@や放送を通してしてきてくださいね^^

 

 

今年最初の生放送は勝つことができましたが、今後の放送もずっと勝ち続けて、放送を見てくれる視聴者と一緒に稼いでいけるよに気を緩めずに放送して開設していこうと思います!

 

それでは、HAKUMAでした~

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


関連記事

  1. バイナリーオプション 「長期的に利益を出すやり方のコツ」

  2. わずか1秒が左右するバイナリーの世界! 生放送で奇跡は起きるのか?

  3. バイナリーオプション1月11日の生放送 5分足の取引がおすすめな理由!

  4. バイナリーオプション 放送限定豪華特典をもらって勝ち組に変わる!?

  5. バイナリーオプションの手法公開動画! リアルタイムでの検証結果

  6. バイナリーオプションのYouTube生放送! 11月22日損益公開! 

  7. バイナリーオプション

    バイナリーオプションは稼げないという評判を一刀両断! 真実をこれから見せていきます

  8. バイナリーオプション 必勝法を使ってわずか30分で….

  9. バイナリーオプションでのYouTube放送結果! 手法の一部を公開?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP