注目の記事 PICK UP!

  • FX

世界で一番使われているテクニカル指標。移動平均線とは?

どうも!HAKUMAです^^

 

みなさん移動平均線って聞いたことありますか?

FXや株式投資では必須と言ってもいいほどのものですが、結構曖昧なまま覚えてしまっているという人も少なくありません!ということで今回は、移動平均線について詳しく説明していこうと思います^^

 

移動平均線は、Moving Averageと言われ、チャートを分析する際に使用されるテクニカル指標として世界で最も有名なツールになっています。プロから初心者まで多くの人が使っていますが、移動平均線は元々、統計分析などに使われており、アメリカのグランビルトいう人が「相場分析に有益!」と発表したため、広まり、現在は世界中のトレーダーに愛される精度の高いテクニカル指標となりました。

 

ですので、多くのトレーダーから注目集めている移動平均線の売買サインが発生すると多くの投資家からの資金が市場に流れ込みます。誰もが知っている方こそ機能するというのもありますね。

当然ですが、この移動平均線で相場が大きく変わることもあるほどです。

 

逆に移動平均線の売買サインから大量にお金が流れるのを逆手に取り、その流れた資金を狙った取引をするトレーダーも多く存在しています。売買サイン発生後にサイトとは判定方向に相場が動くことをダマしと呼ばれる現象も散見されています。

 

 

 

移動平均線の計算

移動平均線は、一定期間の終値(close)を足した値から、その期間で割った平均値となります。

日足の場合「移動平均線=(n日間の終値の和)÷ n」と言う計算式となります。

移動平均線で使われる期間

移動平均線で使われる一般的な期間として、日ベースでのチャートであれば「5・10・25・75・200」の期間が良く使われています。

週ベースのチャートの場合には「13・26・52」の移動平均線が、月ベースでは「12・24・60・120」が一般的な設定期間だと言われています。

それ以外の1時間ベースのチャートや10分ベースのチャートなどになると、それぞれのトレーダーが個別に設定している事が多く、一般的な期間と言うものは有りません。

また、日ベースの移動平均線は10日線や25日線などと呼ばれたり、週ベースになると13週線や26週線、月ベースでは60ヶ月線などと、期間を頭に付けて呼ばれる場合もあります。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


関連記事

  1. FXでも必要?成功するマインドセットを築き上げる必要性

  2. 空いた時間で旦那より稼ぐ?主婦の「おうちでネットトレード」

  3. FX初心者からの脱皮!② ダブル(トリプル)・トップ(ボトム)

  4. FXレクタングル

    FX初心者からの脱皮!⑦ 保ち合いパターン(レクタングル) 

  5. ダウ理論を理解したバイナリーオプションでの15分取引の勝率上昇方法

  6. 僕が勧める「初心者が最速でFXを学べる」モバイルアプリ5選

  7. FX基本 指値とは?

  8. 移動平均線の見方

  9. 経済指標の見方次第で値動きを予想できるようになる6つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP