公開日: 更新日:

負けるバイナリートレーダーが最初に経験・着目する敗北要素

どうも、HAKUMAです。

 

数年前まではニュース番組やバラエティ番組に取り上げられ、一気に知名度が広がったバイナリーオプションですが、仮想通貨という新しい投資種別の誕生と時間の経過が起こった結果、バイナリーオプション自体を聞いたこともないという人も増えています。

 

そのせいか、未だに残る詐欺業者などの騙されてしまう素人もいるようですが、軽い気持ちで始めたバイナリーオプションへ気づけば大損をしてしまっていたという主婦やサラリーマンの人も非常に多く、1つ間違えば賭博性の高いギャンブルと変貌してしまう要素を秘めていることも事実です。

 

今回の記事では、バイナリーオプションで負ける人が最初にバイナリーオプションに対して着目することが多い点をお伝えしていきたいと思います。

あなたがそのバイナリーオプションのメリットにばかり着目していないか注意し、損失を出さないためのメンタルストッパーを作れるようにしましょう。

 

掛け金以上に損失を出すことがないから安心

あなた自身がバイナリーオプションを始める時に「掛け金以上の損失が出ない」ということで安心している部分があるのなら危険です。

なぜなら、バイナリーオプションで損失を出したくないと強く考えている人ほど、ルール通りにエントリーもできなくなり、上手く利益を出すことができなくなってしまうからです。

負け続ける事で損失は発生しますが、思い通りの取引ができなくなってしまっては定めたポイントでエントリーができないわけですから、負けだけ拾って勝っていたポイントではエントリーしていないという自体になってしまいます。

 

こういった事態は取引することへ恐怖感が出てしまった、必要以上に損失を出したくないと考えている人がハマる致命的な弱点です。

 

儲けやすいバイナリーオプションですが、投資であるかぎりリスクも必ず取る必要があります。

ローリスクハイリターンなんてあり得ないのですから、あなた自身が許容した範囲でリスクを取りながら利益を狙わなければいけませんよね。

しかし、そこで損失を恐れて取引ができなくなるということは、負けばかりを拾って勝ちを拾えなくなる可能性が高くなっています。

 

こういった弱点が発現する人は、最初の段階で必要以上の損失がでないという甘い考え方でいる人に多いので気をつけましょう。

あなた自身で定めたルール通りに思い通りにエントリーできるのであれば、負ける人が8割なんて呼ばれている業界ではありません。自分自身でも思い通りの取引が叶わなくなるためです。

 

 

負けた分を取り返したいという損得勘定

損失を出したらその金額ぐらいは取り戻したいという気持ちが働くは当然のことです。

しかし、損失を出さない日がないというのはあり得ない話で、そもそも損失に全く耐えることができない人であれば投資家には向かないでしょう。

 

そして、大切なのは損失した金額を1日に取り戻そうとしないということです。

資金が全て解けてしまっていないのであればいくらでもチャンスがあります。

その事を忘れ、一時的な感情で取引してしまうのは非常に危険なことであり、損失よりも利益を出すことの方が難しいのですから、1日で出した損失を1日で取り戻そうとすること事態すごい危険なことをしていると分かりますよね。

 

取引を始めたばかりの初心者に多い傾向であり、損をするというマイナス感情からくるプレッシャーはなれていないからこその焦りでしょうが、急がば回れというように損失を出した時こそ焦って利益を出そうとしてはいけません。

 

大きく動いたら逆張りで一発逆転

負けているのに一回勝っただけで損失分を取り戻すなんていうのは、リスクを知っていても理解していない証拠です。

特にバイナリーオプション初心者に最も多いのが、大きく価格が傾いた時です。

「ここまで急激に上がったら(下がったら)逆行するだろう」という勘違いから見当違いなところでエントリーしてしまうことが多々あります。しかも、そういったポイントというのは自ら定めたエントリーポイントではない事が多く、根拠もない勝手な思い込みで取引をしてしまいがちです。

 

こうなってしまえば、大きく価格が動くたびに過敏に反応してしまい、ルールを破ってしまうことになってしまいます。そして、大きく傾いて負けているときこそ、一発逆転してやろうと思うのが負けている投資家の傾向であり、一度は経験したことがある人も多い負けパターンの1つです。

 

そういったときこそ冷静になって、運任せな取引にならないように一度パソコンの電源を落としてしまいましょう。画面を見ていると取引してしまいたくなってしまうはずですので。

 

全財産を使ってでも稼ぐという空回りしたやる気

投資というのは余剰資金で運用していくものです。

しかし、稀に生活費を含めて大きなお金で取引しようとする人がいます。

そのお金があなたにプレッシャーを与えない程度の金額であればいいですが、中には限られた生活費の中から使ってはいけない金額で取引をしてしまう人がいます。

 

今までは資金を増やして稼ぐとという目標が、「生活するために稼ぐ」に変わるわけですからメンタルへの負担はかなりものになります。こういう心理状態に自らなるような環境を作ってしまえば一生勝つことはできません。

思い通りのエントリーができなくなり、ルールも破ってしまうからです。

 

また、1万円や3万円程度から始める際にも、その金額が余剰資金であればいいですが、その数万円がなくなってしまうと困るような生活費から捻出するのはやめましょう。

 

バイナリーオプションで稼ぐための目的が大きく変わってしまいますし、リスクが日常生活にまで及んでしまうわけですから。

 

まとめ

バイナリーオプションの初心者が着目しやすい点をお伝えしたわけですが、ほとんどの人が簡単にできそうだからという理由から軽い気持ちで始めていることが主な原因です。

銀行の資産運用よりも多くのパーセンテージを稼ごうとしているわけですから、ちょっとの軽い気持ちで初めてぐらいで勝てるような世界ではありませんし、勝てるようならみんな儲かっています。

 

誰もが負けているという世界で利益を出し続けるためには、他にはないやり方や考え方のもと必ず稼ぐという心持ちも確かに必要ですが、それよりもバイナリーオプションに対する姿勢を変えることが先決です。

 

「必ず」や「自分だけ」という事はあり得ませんから、明日は我が身と思いながら損失と向き合い、どうすれば利益が継続して出せるようにすればいいのか?という運用の部分から考えるようにしてください。

「勝ち方」や「やり方」にこだわっているままでは、利益を積み上げていくのは夢のまた夢になるでしょう。

 

それでは、HAKUMAでした。

 

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

口座開設

PAGE TOP