注目の記事 PICK UP!

バイナリーオプションで儲かりすぎるのも危険? 口座凍結対策とは!?

どうも、HAKUMです。

 

バイナリーオプションで利益が発生することは誰でも嬉しいですが、

儲かりすぎるのも危険だということをご存知でしょうか。

 

YouTubeの動画やサイトによっては、「数時間で数百万!」「1日で1000万!」

というような非常に膨大な金額を稼いでいると宣伝しているものが少なくありません。

 

しかし、バイナリーオプションで利益を出している投資家であれば、

数時間から数日で膨大な金額稼いでたら、「普通は口座が凍結するだけどな…」

と怪しさに気づいている人もいます。

 

もちろん、膨大な金額といっても、バイナリー業者ごとに凍結の基準は違いますし、稼ぎすぎて口座凍結する、いわゆる業者側の不正ともいえる闇に触れることなんて、普通は稼げていないと気づけない点です。

 

しかし、バイナリーオプションではゼロサムゲームではなく業者との綱引きが成立している投資です。

つまり、投資家がひたすら勝ち続けている状況というのは嬉しくないわけです。

 

特に、不正をしていなくても

業者側に疑われてしまえば問答無用で凍結になってしまうこともあります。

 

そうなってしまえば、いつも使っているバイナリー業者では取引できないという状況なため、業者を変えて取引することになるのですが、ペイアウト率も違ければ取引方法も異なり、また出金手続きも変わってきます。

 

そう考えるとできるだけ同じ業者で取引は続けていきたいわけですが、

日本においてはFX、そしてバイナリーオプションはゼロサムゲームではないため短時間に稼ぎすぎると口座が凍結してしまう危険性があります。

 

今回は、口座が凍結して使えなくならないためにも、口座凍結する理由と基準について説明していきたいと思います。

 

大きなお金を稼ぎ続けることが出来ると考えていた矢先に口座が凍結してしまっては、希望が絶たれるわけですから、出来るだけ自分の使いやすい口座でずっと取引できるほうがいいですよね。

 

そのためにも業者で凍結しないための知識を理解しておきましょう。

 

バイナリーオプションで儲かりすぎて凍結!? その理由とは?

本来合ってはならないことですが、バイナリーオプションという投資取引がギャンブルと同一視される原因として「バイナリー業者 対 投資家」という図式が成り立っています。

 

同じ為替を舞台として取引されるFXなどであれば、利益が出た人もいれば損失が出た人もいるという投資家同士の綱引きが成り立つわけですが、バイナリーオプションのような利益が発生すれば業者が負担するという投資の場合はその関係にはなり得ません。

 

簡単に言ってしまえば、FXは全員が勝つことがなく、

勝ったと同時に負けている人がいるわけです。

 

バイナリーオプションの場合は、勝った人がいれば負けた人がいるわけではなく、

業者が負担し、投資家が負ければ業者の利益になります。

 

つまり、極端な話ではありますが、バイナリーオプションをやっている投資家が全員勝てばバイナリー業者は倒産してしまうということです。

FXでは投資家同士が損失と利益をカバーし合うように出来ているのですが、日本のFX業者だけは例外です。というのも、日本国内のFX業者はOTC取引というノミ取引を採用しています。

これは、簡単にいえばインターバンクを経由して行われる取引を業者が仲介とし、手数料で儲けるのが本来のFX業者のあり方ですが、日本のこのOTC取引というのは後から仲介して取引しているということです。

 

つまり、リアルタイムで投資家の取引を反映させていないので、投資家が利益を出せば業者が負担し、損失を発生すると業者が投資家の損失を丸儲けできるという関係が成り立つわけです。

そのため、大きな損失が出た際の追証(損失が借金になる)が日本のFX業者には存在しており、ある意味ではFX業界の闇とバイナリーオプションの闇は通じる部分があります。

 

そういった意味では日本国内のFX業者も稼ぎすぎると凍結する危険があるのですが、今回はバイナリーオプションを中心に話していくため割愛します。

 

話が少し脱線してしまいましたが、バイナリーオプションの場合は95%の投資家が海外の業者で口座開設していますが、バイナリーオプションの場合は業者との資金の奪い合いになるため、短時間で莫大な利益を儲けるということは、規約違反を起こしていないにも関わらず不審な取引をしたとして口座を凍結されてしまうことがあります。

 

そうなってしまえば、何を言ったとしても凍結が解除されることはなく、

解除されたとしてもすぐに同じように凍結ですぐに使えなくなってしまいます。

 

口座凍結の基準と原因

つまり、短時間に数百万や数千万を稼いでいるというのが事実であれば、

凍結の話も必然的に出てくるのですが、ほとんどの場合は稼いでいることしか伝えていないブログやYouTubeでの動画を頻繁に見かけることがあります。

本当かどうかも怪しいものが様々ですが、

大手のバイナリー業者ほどセキュリティが厳しく、また凍結の判断も明かしてはいないものの明白に感じ取ることができます。

 

原因は先程もいったように、儲かりすぎることなのですが、別に儲かりすぎるともう稼ぐことができなくなるというわけではありません。

 

そうでなければ、僕も稼ぐ続けることが出来ないですし、対策のしようがありませんので笑

 

凍結する基準というのはバイナリー業者によって異なりますが、

ハイローオーストラリアのような世界的に見て大手の業者の場合は、自動的に投資家の取引から不正がないか検出するシステムが存在しています。

 

ハイローオーストラリアの場合は

  1. 口座残高が1000万を越えている
  2. HighとRawを交互に繰り返す取引が非常に多い
  3. 転売回数が非常に多い
  4. 1時間で200万〜300万を超える利益を出す

というような条件があることが取引した経験から分かっています。

そのため、現在僕は口座残高がある程度増えてきたら出金申請を出し、数日から1週間程度で利益を出すことを考えて取引しています。

ハイローオーストラリアが1番凍結には厳しいのですが、そのぶん取引のしやすさや出金速度などを考えるとずっと使って取引していたいのが本音なので、結構小まめに出金していたりします。

 

その他の業者は、業者ごとに異なりますが、事前に不正確認の電話がきたり、ハイローオーストラリアと同じような基準が多いため、上記4つのことを意識して守っていれば凍結する確立は大きく下げることができます。

 

なぜ多くのバイナリー投資家が凍結基準を知らないのか

多くサイトやInstagram、あるいはTwitterなどのSNSで

バイナリーオプションは短時間の取引で「大きく儲かってます!!」「誰でも稼げます!」

という触れ込みや投稿をよく見かけますが、稼げているのであれば1度は凍結の問題が発生します。

 

稼げるようになった投資家の宿命ともいえますが、利益が発生して安定してくれば、あとはいかにその利益を手元に安心して入るようにするために凍結対策など、凍結に関する知識も豊富になってくるからです。

 

しかし、現実問題として凍結に関する記載があるブログや動画などは極々一部。

凍結の話題が出ない原因としては、やはり稼げていない人の多さでしょう。

 

初心者が求めている情報としては稼げる方法などの方が需要があるといっても、やはり本当に役に立つ情報というのは信用性だったり、確実性を優先しているものだと僕は思います。

 

一気に大きな利益を得ることができれば、嬉しいですし、華やかですが、それと同時に同じぐらい大きな損失を出すこともあるというデメリットを意識してせずに稼ぐことばかりを考えているからに初心者は失敗する傾向が高いとも受け取れます。

 

そういったことにならないためにも、ガッツリ稼いでひたすら利益を求めるというよりは、数カ月後・1年後には資金をどれぐらいまで増やして着実に積み上げ、安定して利益を出していくという意識がもっとも投資家に必要な考え方になります。

 

利益を求めるために必死になって情報を探している投資家にとっては、

相反する思考になってしまいますよね。

 

しかし、それだけ稼ぐための情報というのは意外と見落としている些細なことだったります。

 

 

安定して稼げつつも凍結されないための対策

実際に短時間に稼ぎすぎることで凍結する確立は高くなりますが、まったく利益が出ていない状況でも凍結しないかというとそういったわけではありません。

 

いわゆる、不正と思わしき取引に感じられたり、不正防止のシステムに感知されてしまっては利益が発生していなくても凍結してしまうことはあります。

 

もちろん、利益が爆発的に出ている投資家の方が可能性としては高くなるのですが、それでも高くなるというだけで、初心者投資家も運悪く規制の取引を無意識に行ってしまえば凍結してしまうことだっています。

 

凍結してしまった場合の対処方法

もし、あなたの口座が凍結してしまった場合、メールで不正していない旨を丁寧に伝えましょう。

サポートに電話したとしても、口座凍結に関してはコンプライアンス部門が担当しているため、時間の無駄になります。

僕がハイローオーストラリアで一時制限になったときの例ですが、

取引できなくなったと思ったら、数分後にこのようにハイローオーストラリアから連絡ありました。

そのため頂いたメールアドレス、あるいはホームページにある質問などをするアドレスから不正をしていない旨を伝えます。

ハイローオーストラリアに伝えた内容

このようにメッセージで不正していないことを伝え、

1日でも早い解除のため冷淡な感じでプレッシャーをかけてます笑

 

基本的に数時間から数日で解除されますが、仏の顔も三度まで。

3回目は問答無用で凍結されます笑

懐かしい….笑

 

凍結されないためには?

実際に口座凍結された後に悔やんでも後の祭り。

後々嘆かないためにも凍結の基準を知っておき、凍結されないことが1番ですよね。

そのために凍結されない対策としては、先程もお伝えしたことではありますが 「口座残高が一定額に達したら出金申請する」「HighとRawの取引を交互に行わない」「転売を頻繁に行わない」「同一IPで複数口座ログインしない」というものです。

 

口座残高が一定額貯まれば、出金していくのは1000万を基準に考えればいいので難しくないと思います。また、HighとRawを交互に行うについても短時間でなければ問題がないので、多くの人が特定の手法を使わなければ問題にならないでしょう。

転売については、取引に精神的なプレッシャーを感じ過ぎている投資家に多い傾向ですが、負けは負けとしっかりと認める事が大切です。

 

同一IPで複数講座でのログインについては、家族で投資をバイナリーオプションを行っている人や友人と勉強のために一緒に取引している投資家も稀にいます。

しかし、同じネット回線ではIPも同じなため、当然同じIPで2つ3つも違う人の口座でログインしていることになります。これは、ログイン情報を盗まれているのではないかというセキリュティの面と不審のログインということでシステムに検知される恐れがあるので危険です。

 

大手の業者というのは、当然口座開設者の数も多いため人の目視では管理しきれません。

つまり、不審なログインや不正な取引があれば、

自動で検出してくれるシステムに頼ってあぶりだしているわけです。

 

そういったことになると、口座が目をつけられることになるので要注意です。

また、特別値動きがない時や相場環境的に利益を上げやすいような状況では普段よりも凍結されやすい時期というのがあります。

 

それはアメリカの祝日や大きな指標発表前後の時間などありますが、

過剰な取引をしなければ問題はないでしょう。

 

しかし、知らなかったばかりに、利益が出ていないにも関わらず凍結してしまったという人もいますので、事前に凍結しないための対策を知っておきましょう。

 

 

おわりに

バイナリーオプションで取引を行うに当たって、稼げている人であれば直面する凍結問題。

今回これを記事にしたのは、やはり凍結に関する情報の少なさとそれに対する対策をしている投資家がいないということがあったからです。

 

また、稼ぐことももちろん大切ですが、稼ぎ続けなければ意味がありませんよね。

 

そのために知っているだけで後悔する可能性が減るのであれば、

知っておいた方がいいに決まっています。

 

そういった初心者が見落としがちな事や考え方というのは、バイナリーオプションでは短期取引なため特に身につけづらいですが、だからこそ紹介させていただきました。

 

今回紹介させて頂いたバイナリーオプションの闇の部分とも言えるところ以外にも

投資家に必要な知識や考え方というのはメルマガで課題提出を含めて解説しています。

漫画で分かる年収3000万投資家になるために成功の秘訣

 

一気に稼ぐ投資家ではなく、安定して稼ぎ続ける投資家になりたい人は、

ぜひ僕のメルマガコミュニティに参加してみてください。

 

では、HAKUMAでした。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


関連記事

  1. FX&バイナリーオプションは多数決? チャートを知ろう!

  2. トランプ大統領

    トランプ大統領当選でどうなる!? 為替の今後ドル高円安か?

  3. バイナリーオプション 登録不要のクイックデモ取引とやり方解説

  4. コンサル生を募集します

  5. たった1つの「気付き」で変わる勝ち続けるためのメンタルケア

  6. 取引に集中する

    バイナリーオプションで破産!? 初心者が資金を無くさないための3箇条

  7. ファンダメンタズム分析とは? トレーダーになるための基本

  8. バイナリーオプション(副業)専用のネット銀行を開設 「準備編②」

  9. 第2回Zシステム無料配布キャンペーン開催します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP