注目の記事 PICK UP!

パレートの法則を使った「80対20の法則」でズル賢く資産運用する方法

パレートの法則

会社やプロジェクトの運営などでよく使わる80対20の法則。

 

恐らく、少し真面目なサラリーマンやそれなりに立場になっているひとであれば、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

 

パレートの法則は、全体の20%が努力・原因・結果・報酬など関わるものを生み出しているというもの。

簡単にいえば、全体でその結果を生むために重要なことは20%だということですね。

とある方はこのパレートの法則を「感じな少数と取るに足らない大多数」などと表現しています。

合っているようなあっていないような、これを知ると何とも複雑になってしまいますよね笑

 

もう少しパレートの法則である80対20%を会社で使っているふうに述べるのであれば、

  • 会社の売上の80%は20%の人が出している
  • 会社の収益の80%は全顧客の20%がもたらしている
  • 働いている80%の仕事内容よりも20%の仕事の方が重要である
  • 働いている時間の80%よりも20%の私生活の方が1日で幸せを感じる

 

最後の「働いている時間の80%よりも20%の私生活の方が1日で幸せを感じる」

については当然ですよね笑

逆に仕事をやっていて毎日幸せを感じるひとは洗脳でもされてそうな気がします…。

 

このパレートの法則を知っているのか知らないかで、これから行うことに対してなにが必要で何が不必要なのか区別することもできますし、残りの2割に対してとても集中して努力することができると思います。

 

このパレートの法則は有名であるのでご存知の人も多いですが、「80対20の法則」の著者の方も

結果の約80パーセントは、20パーセントの原因から生じるという経験則である。(中略)大きな成果をあげるには、やることを減らすに限る。「決定的に重要な小数のこと」に絞ったときに、少ない労力で大きな成果をあげられる。

 

と伝えています。

つまりこれから行う行動を増やすのではなく、行動を減らすということ。

効率や結果をこれに当てはめて考えることができるので、効率生や検証する際に使っているサラリーマンも多いはずです。

何も行動を起こさない人には無理ですが笑

 

今回はこのパレートの法則である「80対20の法則」を投資の分野において、どういうふうに当てはめ考えていくことで、無駄な勉強や損失を減らし、うまく自分の資産を運用することができるのがお伝えしていこうと思います。

 

このパレートの法則に落とし込むことで、投資で稼ぐために本当に必要な20%を理解できるようにしていきましょう!

パレートの法則「80対20の法則」の6つの例

  1. 5人でポーカーをすると、そのうちの一人、つまり20パーセントが、掛け金の80パーセントを取って勝つことが多い。
  2. 大型小売店では、店員の20パーセントが売上の80パーセント以上を稼ぎ出している。
  3. 企業では、顧客の20パーセントが利益の80パーセントを生み出している。たとえばカナダのトロントに本店があるロイヤル・バンク・オブ・カナダが顧客ひとりひとりの利益への貢献度を調査したところ、顧客の17パーセントが、利益の93パーセントに寄与していた。
  4. スターの20パーセントが、スポットライトの80パーセントを独占している。作家の20パーセントが、ベストセラーの80パーセントを生み出している。
  5. 科学者の20パーセントが、科学上の画期的な発見・発明の80パーセント以上を生み出した。いつの時代も、発見や発明をするのは一握りの科学者だ。
  6. 窃盗犯の20パーセントが盗難品の80パーセントを盗んでいる。

 

20%の時間と労力で80%の利益を生み出す投資の考え方

さて、このパレートの法則でサラリーマンやビジネスマンの中で使われるのは、仕事以外にも生活の面でも当てはめる事が出来る点もあります。

今回は投資という点でお伝えするわけですが、この80対20が教えてくれることの中で最重要なことが3つあります。流し読みなんてせずにしっかり読んで下さいね笑

 

①投資の勉強(努力)は量ではなく1点に集中する

FX・バイナリーオプション・株取引などを含めて投資で利益をあげようと思うと、まず最初に多くの人が「ネットで調べる」「本を買う」「知人に相談してみる」「YouTubeで動画を見る」「チャートを見て研究する」の5つのうちどれかだと思います。中には全て行ったという勉強熱心な人もいるでしょう。

バイナリーYouTube
バイナリーオプション

 

上記は2つとも見てくれた人が学べる僕のYouTubeチャンネルとブログ記事になっています。

まず投資を含め、何かに試みようとしなければならないことは、効率良く成果を上げられるタスクを見つけることが重要になります。

 

初心者なら自分の知らないことを参考書やネットで探して「あれもこれも」と知識を吸収しようとしますが、それは自分で勉強する項目(タスク)を増やす結果になりかねません。

ついつい勉強して知識を抱え込んでしまいがちな初心者投資家も「本当に勉強が必要な知識か?」「今やらなければいけないことなのか?」「時間をかけすぎていないか?」など本当に必要で重要なことを考えてみて項目化してください。

参考書であれば、値動きを予測するために必要な移動平均線やフィボナッチ、ボリンジャーバンドにピポットと分析するためのものは挙げればキリがありません。

 

せっかく手に入れた武器をあれもこれもと自分の持てないほど手に入れても、1つの武器をうまく使えないのはおろか、溢れかえった武器の数に混乱してしまうこともあるはずです。

ネットで検索して調べるにしても、投資家によっては値動きを分析するために使うテクニカル分析も重要視している内容も変わってきます。その結果、本来であれば利益を出すために必要な20%の武器を蔑ろにし、80%の武器を研ぎ澄ましていないでしょうか?

たださえ仕事などで1日に使える時間が限られているのに、80%の勉強が無駄になっているとしたら?

本来の目的は利益を安定して資産を増やすことですから、値動きを分析するための手段や手法があったとしても1つに絞れる(特化)ほど集中してそこを勉強していくようにしましょう。

 

 

そうでなければ、今まで勉強してきた80%の努力が余分な雑学になってしまいかねませんよね。

パレートの法則はこういったところでも無駄を取り除く重要な指数になってくれます。

投資化の8割が稼げていないと良く耳にしますが、こういったところもパレートの法則を知るとあながち間違いではないと感じますね。

 

②決められた道を走るのではなく近道を探す

ここで質問です!とても高い山の山頂をあなたが目指していたとします。

その場合、あなたが早く登りたいとしたらどれが効率的に早く山頂にたどり着けると思いますか?

  1. ヘリコプター
  2. 自転車
  3. 徒歩
  4. 案内してくれる登山家を雇う

僕の偏見でなければ、多くの人が①ヘリコプターだと答えるかと思います。

しかし、現実にヘリコプターで行っている人はいるでしょうか?行けなくはないかもしれませんが、とても一般の人が出せる金額を越えてますよね。しかし、80%の人が現実は徒歩で行くかもしれませんが、20%の人はもしかしたらヘリコプターで行くというかもしれません笑

ただ、投資とパレートの法則に置き換えてみて考えてみましょう。

 

投資に関わらず、どんなジャンルでも高みを目指そうとすれば、他の人達が通った道と同じ所を走り、80%の王道ともいえる努力と労力に時間を使う必要があります。仮に徒歩だと6時間掛かっとしても、プロの案内してくれる登山家を雇うことでペース配分や近道などで5時間にすることができるかもしれません。

また、自転車であれば多少道に迷ったりしたとしても、その速さから3時間程度で到着します。

ではヘリコプターでは?

恐らく30分程度で山頂にたどり着くでしょう。

 

目指している山、この場合なら安定して利益を出していくためのゴールま80%の負けているトレーダーと同じ道を通って同じように20%のトレーダーに利益を渡す形で挫折していませんか。

 

目指しているものが何であれ、案内してくれる人(指導する人)がいれば早くなり、自転車で走る(手法を既に知っている)場合であれば、さらに早い時間でその頂きに効率良くたどり着くことができます。

最終的には何もしなくても運んでくれるヘリコプター(自動売買やファンド)などが最終的に便利でしょうが、徒歩で誰もが知っている道というのは、以前歩いた人が躓いたところで躓きやすいということですし、時間とリスクを取ることになり非常の非効率的になってしまいます。

 

あなたも遠回りしているばかりか、80%の負け組トレーダーと同じく、20%の勝ち組の苗床になっている人達と同じ道(多くの人が取れるであろう勉強方法)を歩まないように気を付けるようにしてください。

 

ただ、何も勉強することが悪いことではないのですし、基本的なことは学んでおいた方がいいので、そこは勘違いせずに行動に移せるようにしていきましょう。

あくまで手当たり次第自分で出来る限りの勉強をするのではなく、気をしずめ、勉強量を減らしてゴールへの最短距離に焦点を当てるということです!

 

③取引できる時間のうち20%以内の時間だけチャートを見る

1日の生活を振り返ってみるとほとんどの人は、睡眠と仕事で12時間~16時間は使っているいるかと思います。

人によって多少前後するかもしれませんが、そこに食事やシャワーを含めた娯楽も合わせていくと、1日の中でやりたいことや投資の勉強も取れて20%(5時間程度)ほどになってしまいます。

時間としては20時から25時の間でしょうか。

 

ここであなたが自分の力でFXやバイナリーオプションなどで稼いでいこうと考えると、多くても5時間の中で毎月利益を上げていく必要なあります。

この5時間の中で、あなたはずっとチャートを見てチャンスを伺っているような状態になっていませんか?

もしあなたが、1日日に取ることが可能な20%の時間をずっとフルに使っているのなら、非効率的なやり方と言わざる得ません。なぜなら、チャンスの来ない間はずっとチャートを見ているか勉強しているような状態ですが、人間の集中力はとてもなく、恐らく1時間も持続することができないでしょう。

であれば、1日に使える20%の時間の中でチャンスがきた時だけチャートを見たり、1日に勉強する時間を決めておくことで、1日に使える20%の時間の中でさらに20%の時間で効率的にFXやバイナリーオプションで効率的に利益を上げることが出来ます。

 

例えば、ボリンジャーバンドに価格がタッチすることが条件の1つだとするなら、ボリンジャーバンドにタッチした瞬間音がなるインジケーターを入れれば、その音がなっている時にチャートを見るようにすれば、ずっと見ていなくてもいいので、自分の時間を確保することができます。

また、特定の条件があるのであれば、1万円程度で今はそのインジケーターを製作してくれる人もいます。

多少資金を支払う必要はありますが、あなた集中する以外の時間を効率的に生み出すことができます。

 

資金を増やすという目標のもと、多くの人が限られた時間の中で試みようと考えるはずですが、如何に限られた時間を使うのかというの非常に重要になります。逆にずっとエントリーするタイミングが来ないか見ていたり、ちょっと目を離したすきに勝てていたポイントを見逃していると、利益を逃したあげく時間も無駄になってしまいますよね。

 

パレートの法則である「80対20の法則」はビジネス以外にも充分活用することができますので、パレートの法則をあなたの使う時間にも当てはめることができます。なので、時間と努力の2つをパレートの法則で考え、必要なことを具体的に明白にしていきましょう。

 

利益を上げるために必要な価値のある80%のことは、使う時間の20%で達成されます。

逆に今のやり方でやっていると使う時間の80%は、稼げるはずの利益の20%だけで損失の方が多くなってしまうことになってしまいますよね。

 

まとめ

今回紹介したパレートの法則を使って効率良くFXやバイナリーオプションで稼ぐ方法を紹介しましたが如何だったでしょうか?

 

恐らく知っている人や聞いたことがあると言う人もいるでしょう。

結構勘違いしている人がいますが、パレートの法則に則っていうと80%の稼ぐための手法よりも20%のマインド。つまり、投資に対する心構えや損失管理に関することの方が重要になっているということに気づかない人も多くいます。

それが80%の投資家が負けて20%の投資家しか稼げていないということに繋がっている結果です。

 

ここで、「手っ取り早く稼ぐ方法教えろ!」と考えている人は、損失を出してもまだ20%の大切なことを見落としている人か、初心者かもしれませんね。

後者であることを祈りますが、ここで書いたことを学ばずにずっと今のやり方をやっている人は、1度大きな損失を出すと良いと思います笑

そういう人は何を言っても高い授業料(大きな損失)を払わないと学びませんので….。

 

 

他の記事でも言っていますが、初心者がすぐに儲けられるという美味しい話は存在しません。

地道に色んなことを勉強して、試行錯誤しながら分かってくるものではないかと思います。

無駄な情報があって当然だし、有益なものでも自分に合わないこともあります。

 

パレートの法則で考えると20%しか本当に必要な情報はありません。言い換えれば、20%の時間で勉強したことぐらいしか役に立たないということです。

なので、20%の努力が結果の80%に繋がるように考え、最短距離で安定した資産運用をできるようにしていきましょう!

 

 

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


関連記事

  1. 将来のために起業・独立をしたほうが良い3つの理由と副業革命の始まり

  2. 身近な5つの支出出費から分かる!? あなたの家計簿から見る「お金の性格」

  3. スプレットとは何?FXで基本必要になる取引手数料

  4. バイナリーオプションは詐欺? 稼げないと言う投資家へ向けた想い

  5. 自由の先にあるもの~23歳で月収300万の僕が未だに仕事をガリガリやる理由~

  6. 経済指標の見方次第で値動きを予想できるようになる6つのポイント

  7. 富裕層のように稼ぐためには?富裕層のお金を増やすサイクル

  8. FXの基本編 YouTubeで参考になる初心者必見動画!

  9. 外貨積立などの資産運用なら100万からでも初心者が儲けられる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP