注目の記事 PICK UP!

世界一の投資家ウォーレン・バフェットから学ぶ成功までの道しるべ

どうも、HAKUMAです。

 

投資をしている投資家であれば誰もが知る投資家ウォーレンバフェット。

世界一の投資家として名高く、投資の神様とさえ言われて資産家の一人です。

お金持ちになりたい。

出来れば大富豪になってみたいというのは、誰もが見る夢の一つですよね。

 

世界一の投資家といわれたウォーレンバフェットも例外ではなく、

大富豪を夢見た人間の1人です。

 

「お金持ちになれば自由な人生を生きられる」と思い、わずか6歳から小さなビジネスを始めていたそうです。大学に進学する頃には、確定深刻をするほどのお金を動かしていたそうですから、そう考える才能があったのかもしれません。

 

そして、着々とお金と知恵を磨き、世界長者番付に25年以上も君臨し続ける大富豪になっています。

ウォーレンバフェットが経営している投資会社バークシャー・ハザウェイの株価は45年間で82万%も上昇したと言われ、驚異的な成功を称賛されています。

 

一見、お金が欲しいという願望が小さい頃からあり、有言実行した「金の亡者」とも言えるほどの資産を築いていますが、金の亡者とは正反対なタイプとしても有名です。

そのため、その人柄からウォーレンバフィットが経営しているバークシャー・ハサウェイは毎年5月に株主総会を開催していますが、何かのイベントのような規模であり、もはやお祭りといっても差し支えないほど。

写真を見ると驚愕するほどの人の集まりですが、単純に億万長者になりたいから「どんな手を使ってでも」というような人ではなく、信頼や人の役に立つという目的で堅実に資産を投資してきたからこそ、ここまでの人が集まるようになったとも思えます。

 

今回は、そんな世界でも5本の指に入る資産家であり、投資の神様と名高いウォーレンバフェットの考え方を投資の話も交えながら紹介していこうと思います。

 

投資の世界に関わるのであれば、

初心者でも知っておいた方がいい考え方や見習うべき点が沢山あります。

 

普通にサラリーマンとして働いていては大富豪に縁はないかもしれませんし、自分自身で億単位の資産を築こうとしても一筋縄ではいきませんよね。しかし、それは実現したウォーレン・バフェットの知恵や経験から成功をなぞり、学ぶことはできるはずです。

 

ウォーレンバフェットの考え方を投資の道しるべとして学ぶのか、ビジネスや人生の指針として読むかはあなたにお任せしますが、少しでも心にのこるものがあれば、自分自身の原理原則として実行できるようになってもらえれば幸いですし、投資家であれば世界一の投資家を知っておくのは良い勉強にもなるはずです。

 

始めた年齢・友人関係・行動が成功に関係する

投資に限らず、ビジネスに成功するために関係するのは家柄や学業成績ではなく、始めた年齢だとウォーレンバフェットは言います。

実際にウォーレンバフェットが小さなビジネスを始めたのは6歳であり、11歳で初めての株式投資を行っています。当時は規制も少なかったとはいえ、株式投資を11歳で始めることができるほど、投資に関しては先進国であるアメリカを羨ましく思います笑

 

そこからは、「雪の玉はできるだけ早く転がし始めた方がいい」という比喩のもと複利でお金を増やしていっています。長い時間をかけて育てていけば、それが長い時間をかけて雪の玉(投資資金や資産)を大きくすることができます。

 

一方で、雪の玉が大きくなるには、

それなりの人間にもならなければならないと考えていたようで、「いい具合の雪があれば、雪の玉は必ず大きくなる。しかし、お金を複利で増やしていくことだけ考えていっているのではなく、この世のことを理解し、どういった友人たちを増やすのかという面でもそうだった。時間をかけて選ばなければならないし、雪がよくくっついてくれるには、それなりの人間にならなければならない」

との発言も残りしています。

 

人間20代で友人は作り、30代で取捨選択したほうが良いと言われていますが、早くから良い習慣を身に付け、尊敬できる人と働く。

そんな自分磨きがあって初めて雪の玉はより大きなものになっていきます。

 

サラリーマンをやっていると会社の同僚や先輩と長く付き合っていくことになります。

しかし、投資を含めてあなたがやろうとしているものの答えを知っているかと言われればNOですし、相談して参考になるかというと、ほとんどの人がまともな相談ないようを意見ではなく「肯定」か「否定」でしか答えてくれないでしょう。

相手が知らない分野であれば、「否定」の意見をいう傾向が日本人は多いため、何かを原動力に動き出そうとしても、結局見当違いな相手に相談して「否定」されたから辞めるというのは意味がありませんよね。

 

ひたすら頑張れば成功するわけではないからこそ、支えてくれる人や相談するための道するべになる人を見つけなくてはいけません。雪だるまを大きくしていくには、当然早くから行動に移すことが大切になりますし、成功するには成功に値する人間に出会わなければなりません。

 

そういった意味では、自分自身が相談されるぐらいの学ぶ姿勢や自分の意思を貫く信念を

確固たるものにすることから意識して考えていかなくてはいけません。

 

なので、早くから始められるようなれば雪だるまを大きくできますが、それでも結局のところ行動に移す人はすぐに行動し、行動しない人はいくつになっても行動しないのです。

 

10年経って「あのときにやっておけばよかった」とならないためにも、今考えていることがあるのであればすぐに行動し、相談する相手も考えていきましょう。

 

手当たり次第読んで学び、考える時間をつくる

ウォーレンバフェットは投資家という一面だけではなく、猛烈な読書家としても知られています。

それも「10歳のときには図書館にある「金融」という言葉がタイトルに入っている本はすべて、2回ずつ読んだ」というほど凄まじい読み方です。

 

ジャンルも広く、競売場で無許可の予想しを発行していた頃は、下院議員をしていた父親から議会図書館の勝ち馬予測に関する本を何百冊も借りてもらい、読んでいます。

さらに数ヶ月分の古い予想紙にも繰り返し目を通し、予測力を養っています。

 

読書を週間化し、大学や大学院でも投資に関する本を次々と毒はし、「少年がプレイボーイ紙を熱心に読むように、私は上場企業の財務諸表を熱心に読んでいます」と言っています。

 

ウォーレン・バフェットは

投資家として大成功するためには。何をするべきですか?

という質問にいつも、こう答えています。

 

手当たり次第読み、学ぶことです

効率は悪くなってしまうかもしれませんが、インターネットなどで玉石混交の情報が大量に流れていようと関係なく毎日、毎時間読んだり、考えたりしているだけで成功することができるのだからと言っています。

確かにここまで勉強熱心な人であれば、沢山ある情報の中から共通点を探し出し、取捨選択できますし、流し読みせずにしっかりと情報を学ぼうとする姿勢。そして得た情報を考える時間などを考えればある意味成功へ近づくでしょう。

 

世の中頭が良いとか要領が良いとか関係なく、知っているか知らないかで損をする時代です。

例え頭の良い東大生でも知らないことを答えることはできませんよね。

知っているか知らないかで差が出てくるのであれば、沢山の情報を頭にインプットし、考える。

天才と言われている人達は、誰よりも勉強熱心であることは間違いないはずです。

 

あなたは本に登場する著名人や成功者を天才の一言で片付けて行動しないタイプの人間なのか、あるいは天才と言われている人も凡人だったと認識して努力をするモチベーションにするのかは人によるでしょう。

僕は行動して諦めるなら、

せめて天才と呼ばれた人達と同じぐらいの努力をして諦めようと考えています。

 

FXやバイナリーオプションでは幸いなことに、勉強しながら師事を仰げる人に会え、成功したといえるだけの利益は出しています。そういった意味で、損失を重ねたこともありましたが、諦めずに勉強していた良かったと思っています。

 

そして1日に必ず本を読む週間というのを僕もつけています。

例えば分厚い本でも、1日30ページなどであれば誰でも読むことできますよね。

そうすれば、10日で300ページは読めます。普通の分厚さの本であれば1冊読み終わるぐらいです。

 

学生時代には学び、考える場面は沢山ありましたが、社会に出てみると本を読んだり考えることをしなくなってしまう人は非常に多いです。

 

「あなたは一ヶ月でどれだけ本を読んで学び、考える時間を作っていますか?」

と聞けば、ほとんどの人がそんな時間をとっていないでしょう。

仮にとっていたとしても、正確な時間やしっかりと身についたかどうかも判断ができないような、疎かなような人が多いように思います。

 

1日に5分、あるいは3ページなどでもいいので、知らないこと知っていることも含めて本を読み、学ぶ習慣をつけていくことが成功に近づくための閃きや努力を生むはずです。

 

ウォーレンバフェットのようにひたすら学んでいく方法もそうですが、理解しやすい手順や覚えやすい方法などは人によって違います。なので、ひたすら読んで勉強するだけではなく、考える時間も作るようにしましょう。

 

投資の世界で最も危険な言葉は「他の誰もがやっている」

誰かがすでにやっていると、それは一種の安全保障になるようです。

「前例がない」はノーを言うときの定番の枕詞ですが、「売れている」は「すぐに追従しろ」という意味に使われることがしばしばあります。

 

これは問題行動においても同じようですが、海外と違い投資家人口の少ない日本では投資=危険というような図式や投資=詐欺という、あまり良い噂を聞かないという程度の知識からそう判断してしまっている人が非常に多くいます。

そのため、稼げるのは一部の人間だけだという思い込みから、そもそも金融が苦手であり一種のアンタッチャブルになっているような感じがします。

 

物事の判断は人に委ねることではなく、自分でしっかりと行動して確かめるが1番ですが、人の意見に左右されたり、大多数がそうだからと決めつけて物事を捉えるのは危険な行為です。

日本人の投資家は8割が負けているといわれていますが、言い換えれば8割が同じ投資方法や間違ったやり方で損失を出しているということでもあります。

 

そして、聞く相手や学ぶ相手、そして相談する相手も正しい答えを知っているとは限りません。

ウォーレン・バフェットは知っている知識を含めて誰かに相談することはあっても、最終的に決めるのが自分であるのであれば、判断材料をしっかりと揃えて根拠を明白にしたうえで決めています。

 

多くの人と同じ意見、主張であれば安心できますが、同じように失敗していては事前に防げる損失をみすみす受けているようなものになります。

 

まとめ

如何だったでしょうか?

ウォーレン・バフェットの考え方は今回紹介したものだけではなく沢山あります。

しかし、多くの人と違う考え方や捉え方をするまでに

膨大な量の勉強とそれに伴う結果を出しています。

 

つまり、得ている知識や経験が普通の人よりも多いからこそ、適切な判断や周りの意見だけに左右されないだけの信念を持っています。

だからこそ、自分で自信を持って決定できだけの知識を蓄え、

自分で判断できるようになる意志力が投資のみならず他のことでも必要になります。

 

今から行動しようか悩んでいる人や友人に相談した結果、結局あきらめてしまった人などは、まず考えるための時間を作ってあげたり、勉強するための行動から移していきましょう。

誰でもウォーレン・バフェットのようになれるわけではありませんし、成功するかも分かりません。

それでも知らない人ではなく、成功者の考え方から成功するまでの過程を学ぶことが

あなたが目標にしていることに近づくことができるはずです。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^


こんな僕でも年収3000万円の投資家になれた


僕は現在1日15分の作業で毎月200万円以上の利益が出ています。



・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。



恐らく2年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」


とか思ってること間違いなしです。笑



ですが、今はこの非常識な世界が僕にとっての日常になりました。



僕はもともと超ブラック企業で深夜2時過ぎまで働かされ、

さらには毎日上司に詰められ続ける日々に

一時本気で自殺しようかと考えるほど追い詰められていました。



しかし、 「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで

現在は莫大なお金と死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。



今は2年前とは違い、本当に人生が楽しいです。



そこで今回、


「昔の僕と同じように苦しんでいる人に

お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」



そう思い、


「僕が年収3000万円を稼ぐまでにやったこと」


のすべてを一冊の本にまとめました。



下記の画像をクリックすると本のダウンロードページに飛ぶので、

興味のある方は読んでみてください。



僕が年収3000万円の投資家になれた秘密
下記の画像をクリックして今すぐ『HAKUMA物語』を読む


関連記事

  1. FXでMT4の勝てるEA(自動売買)を購入する際にオススメする3つの確認事項!

  2. 外貨為替の取引の種類

    外国為替市場とは? 全体像を把握してFX(外為)の基礎を身につける

  3. 外貨積立などの資産運用なら100万からでも初心者が儲けられる方法

  4. 資産を増やすために6つの配分比率でリスクヘッジを考えた投資方法

  5. FX

    [FX]投資スタイル間違ってませんか? あなたに合った3つタイプ

  6. 新しく加わった仲間にわずか3時間で100万以上稼がせてみた

  7. FX初心者からの脱皮!④ V字トップ・ボトム(スパイクトップ・ボトム)

  8. 手持ちのお金を増やす資産運用は3段活用で投資戦略を考える

  9. ダウ理論を理解したバイナリーオプションでの15分取引の勝率上昇方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP