注目の記事 PICK UP!

FXで人はAI(人工知能)システムに勝てない? 淘汰される投資家の未来

AI(人工知能)が人に変わって売買を行ない、利益を上げてくれる「クオンツ系ファンド」と呼ばれるものの割合が人が投資判断を元に行うヘッジファンドの割合を上回ったことを皆さんは御存知でしょうか?

 

AIの進歩は早く、これからの人間社会においては人に取って代わると言われています。

10年後、20年後を見据えた投資を考えた時に、人間に勝つ余地はあるでしょうか?

 

とある評論家は、いずれ「人間が犬を騙すことが簡単なように、AIが人間に対してそれを行う」

と述べています。

今を生きている僕達からすると、AIの進化はすごいと話に聞くことは多いですよね。

しかし、目の当たりにするまでの普及していませんので、「30年とか50年ぐらい先の未来の話でしょ?」

と思いますよね。

 

僕もそういった考えでしたし、ニュースや新聞を見てもまだ10年はかかるだろうと思っていましたが、とある内容を見てその考えは改めました。

それは、冒頭でも述べた通り、既にアルゴリズム取引などプログラム化された売買を行うファンドの割合は、人が投資判断を行う伝統的なヘッジファンドの割合を越えているということです。

クオンツ系(AI)は27%であり、他のヘッジファンド(人間)は22%。

とてもかけ離れた差ではありませんが、人間が運用する余地もAIに任せた運用の方が信用、利益になると判断している投資家の方が多いということです。

 

AIで取り上げられることが多いのは、そういった経済的要因や集団心理から判断できる投資以外にも税理士やファイナンシャルプランナーなどの地位にも取って代わるとするなど、何かとニュースでも話題になりました。

将棋などであれば、よく「プロの将棋師 VS AI 」のような構図で取り上げられ勝った負けたで放送されているので、「AI進化してるんだ」ぐらい思った事がある人もいるかもしれません。

将棋の世界でも名人が将棋ソフトに敗れたりしていますが、為替相場の世界でもまさにAIに任せた資産運用という割合が増えそうな情勢ですよね。

 

AIの勢いもさることながら、ヘッジファンドの運用成績が軒並み冴えていないこともAIに運用を任せるという判断を持つに至った一因でしょう。

 

「AI(人工知能)VS AI 」の構図が出来上がる

このままの勢いが続くと相場の売買が全て機械化されてしまいそうですよね。

日本もAI(人工知能)を使った自動売買での運用を勧める金融機関や証券会社も増加傾向にあります。

実際にAI(人工知能)に任せた資産運用のファンドの割合も増えることが予測できますが、全てに置き換わることはなく、一定の割合に達すると限界がくるようにも思えます。

それは、仮に全てがAIにより機械化された場合「AI(人工知能) VS AI(人工知能)」という構図が出来上がり、相場での金融戦争が繰り広げられることになります。つまり、優秀とされるプログラムをAIが駆使して取引を行った場合、為替相場に割高・割安がなくなることを意味しています。

 

可能性としては、トランプ大統領のように金融市場に重要ななる発言をしたり、紛争などのリスクが突如として台頭してきた時になります。また今までにないルールや事実がいきなり出てくるケースも考えられるため、そこまでAIを先読みして価格予測できるようになれば凄まじいですが、世界の人々の営みをずっと監視する必要性が出てきますので、たとえAIのよる資産運用が活発になってきたとしても、今後10年・20年でその頂きまでは到達し得ないでしょう。

 

AIの自動売買に覇権争いが勃発

AIでの自動売買が活発になり、割高・割安がなくなるとうのは先程説明しましたね。

しかし、それは人にとっての話であり、AI同士の金融戦争が始まれば、それはどちらのAIが優れているのかが明白に現れてくるはずです。

 

裁量取引をしている個人投資家は生き残りにくくなり、AI達はさらに一歩進んだステージの売買で利益をあげていくことになります。そうなると、他のAIがどこで買い、どこで売るのかというのも必然的に必要になります。

個人投資家とは投資する資金量が違いますので、AIの買いや売りが大きく相場状況を変動させることも多くなるでしょう。つまり、世界中の投資家達の売買ではなく、他社など他のAIの買いや売りを警戒しなくてもいけませんよね。

 

そうなると、より優れたAIを開発した金融企業が有利になります。それは他のAIの裏をさらに読んでの売買になるわけですので、短時間で価格が大きく動くを繰り返したり、今までになかったチャートパターンなどAIが市場に参加してきたからこその値動きを考えると、将来は今では考えられないような為替状況になっていることも可能性もありますよね。

 

資金量も学習能力も圧倒的にAIの方が勝っていることを考えると、AIの売買抗争に個人投資家が利益をあげるためにも思考するのは、今から投資を始める初心者投資家達よりも、さらに難易度が上がることになるでしょう。

AIの先を読むのではなく、覇権を握ったAI(人工知能)のおこぼれを貰うような形になるかもしれませんね。

あるいは、運良く利益になったとしても運用額によっては雀の涙ほどかもしれません。

個人投資家がFX(為替市場)で生き残るには?

突発的な出来事のない相場ではAIは強く、生身の人間では勝つことが困難なことから、AIを活かしたクオンツ系の資産運用は人気を博すでしょう。

しかし、AIは短期間での投資には不確実性が乏しいため特に弱い傾向もあるものの、そこはAIの学習機能から改善策を編み出すことも予想できます。そんなAIを中心として為替市場が動く場合、僕達投資家が生き残るには、「長期的な視野と長期の投資期間」がより大切になります。

投資は大きい資金量があれば、短期間で大きく増えていきますが、やはり大きな資金を初めから準備できる人の方が少ないですよね。そう考えると、長期間掛けてでも増やしていくという投資脳が出来上がっている投資家が最後には生き残ることになりそうです。

 

FXで絶対に失敗しない方法

AIという化物が金融市場に参加するようになったとはいえ、まだまだ個人投資家や金融投資家が利益を出せていないかというとそうではありません。

個人投資家のレベルは10年前に比べると格段に上がりましたし、大きな利益を毎月安定して上げ続けることに成功している投資家もいます。しかし、そのぶん多くの投資家が毎月損失を出したり、失敗していますよね。

勝てている投資家は2割しかいないと言われるほどですので、どれほどFXで利益を安定して出すのが大変か理解しているはずです。

 

しかし、FXにおいて絶対に失敗しない方法があるのをご存知でしょうか?

気になりますよね。

 

それは難しいことでもなく単純。FXに挑戦しなければいいのです。

予想と違う答えだと思いました?

残念なことにFXで利益を出すことは難しいことではありませんが、毎月安定的に出そうとすると知識だけでは足りません。そして、失敗したくないのであれば、初めからFXなどやらなければいいのです。そうすれば、FXという世界中の投資家と戦う場に参加することはないですから。

 

しかしながら、FXで成功してる人達に共通している点もあります。

それは、たくさんの失敗・損失をしているということです!

 

「将来的な不安から」

「働きたくないから」

「自分の資産を眠らせておくのは勿体無いから」

「お金持ちになりたいから」

 

FXを始めようと思った動機はひとそれぞれですよね。

しかし、お金を働かせてお金を生むためには一筋縄ではいきません。

 

お金を働かせようと考え、FXでの資産運用もいいでしょうが、逆にあまり働かせることができずに資金が減っていれば、それはただの給料泥棒とある意味一緒です。

お金に対して投資をしているのですから、雇用主であるあなたが上手にお金(従業員)を働かせなければ、逆に利益にならずに毎月決まった額を持っていかれてしまうかもしれません。

 

FXで成功する人はある意味経営者気質なのかもしれませんね。そして、「未来への寄付、あるいは自己投資」という気持ちから失っても構わない損失額から始めるようにしましょう。経営者に例えるのであれば、1000万必要な事業を無理に1億などで行わなくても利益を望めますし、大きな額を使って見返りは大きいですが、そのぶんのデメリットも非常に大きいはずです。

 

また、AIを使った資産運用の場合でも、手数料という形でAIに給料を払う事になりますし、金融企業も何も投資家に無料で稼げるシステムを渡したくて開発しているわけではありません。顧客から資金を預かれば大きな資金で運用し、大きな額を稼ぐことができますし、手数料もらえるというダブルパンチ。

さらにその手数料などで得た利益などをさらにAIに運用してもらえば、人を雇うよりも利益としてはあるはず。

そう考えると、AIは色々な応用がきくので人に与えると共に失わせるシステムでもあるようにも思えます。

 

AIではなく、半自動売買で人工知能を凌駕する

金融業界にまで影響を及ぼすAIですが、飲食店からIT業界など人に手が入る多くの企業にAIの導入が始まり、さらにこれからも増えていくでしょう。

なかにはAIが将来台頭してくることを危惧して投資を始めようと考えついた人もいるかもしれませんね。

 

しかし、為替市場でAIが活躍し、富をもたらすことを考えると個人投資家として大きな利益を望むことは難しくなります。そうなった時、個人投資家は今のように「毎月100万欲しい!」と夢を抱いて投資を始めることができるのでしょうか。

 

そこで僕が考えるのが、人の手と変わりに勝手にに取引を行ってくれる半自動売買です。

僕のメルマガでも紹介しているのですが、完全自動売買であれば、動かしている投資家自身が相場状況を判断しずらいというデメリットがあります。そして、ある意味完全自動売買は考える事のないAIともいえるでしょう。

 

しかし、半自動売買であれば、動かしている投資家自身が相場状況を把握し、自動売買に組み込まれたロジックを淡々と行ってくれるので、AIが相場状況を予測する際の集団心理であるチャートパターンと経済要因の不安を投資家自身が取引するよりも確実に利益にかえることができます。

つまり、AIの読むことができない単一の行動である半自動売買を

投資家自身の手でリスクを選択するだけの表も裏もない投資をしていくということになります。

 

FXをやる際には自己裁量や自動売買など多くの利益をあげるための術が存在していますが、AIに個人投資家が対抗していくためには、人間性を捨てた、あるいはメンタルが崩れない投資方法が生き残るのかもしれません。



にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
応援宜しくお願いします^^



【最新企画情報】


僕は現在 1 日 15 分の作業で毎月 200 万円以上の利益が出ています。


・・・と、言ってもクッソ怪しいですよね。


恐らく、2 年前の僕だったら


「うわ、これ絶対詐欺じゃん・・・」 とか思ってること間違いなしです。笑


ですが、今はこの非常識な世界が


僕にとっての日常になりました。


僕はもともと超ブラック企業で


深夜 3 時過ぎまで働かされ、


さらには毎日上司に詰められ続ける日々に


一時本気で自殺しようかと考えるほど


追い詰められていたのですが、


「個人で稼ぐ」ための知識を学びまくったおかげで


現在は莫大なお金と


死ぬほど自由な時間を手に入れることができました。


今は 2 年前とは違い、本当に人生が楽しいです。


「そんな昔の僕のように苦しんでいる人に


お金と時間の両方を手に入れる具体的な方法を伝えたい」


そう思ってこのプロジェクトを立ち上げました。


興味がある方は下記の画像をクリックしてプレゼント企画の詳細を確認してください。


月収200万稼ぐ僕が教える

『全く新しいバイナリーオプション上達講座(無料)』の詳細を見る。






また、僕がどうやって稼いできたのか、


詳細を知りたい方はこちら

下記の画像をクリックして今すぐ HAKUMA 物語を読む





さらに、LINE@登録者限定でオリジナルシグナルツールの


無料プレゼントキャンペーンを毎月開催中です!


僕が普段使用しているツールを使ってみたい方はこちら


下記の画像をクリックして今すぐ HAKUMA の LINE@に登録する



関連記事

  1. 僕が教えるビジネスは空いた時間を最大限活かすコツ

  2. FX基本 追加証拠金は絶対に避けるのが重要?

  3. 海外バイナリーオプションの税金対策と経費を解説! いくらから申告?

  4. 富裕層のように稼ぐためには?富裕層のお金を増やすサイクル

  5. FX(外貨為替)の1日の値動きのクセについて

  6. 日本人が投資をしたがらない理由とは?

  7. マストドン対応アプリ紹介! スマホ「iPhone・Android」からトゥート

  8. HAKUMAのFXファンダメンタルズ「世界1周してから指標は見極めろ!」

  9. サイドビジネスとしてFXで資産運用するとバイトより10倍稼げる2つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. パレートの法則

HAKUMAへ問い合わせ

口座開設

LINE@登録者限定プレゼント

口座開設

プロフィール



初めまして、HAKUMAです。

現在僕はパソコン1台で起業し、主にトレードとネットビジネスで生計を立てています。

2016年4月に月収100万円を達成してからは、一度も収益は下がることなく、今は最高で月に300万円以上を稼ぐことができるようになりました。

今では”何もしなくても”1日に10万円以上の利益が生まれることも珍しくありません。

その結果、仕事や煩わしい人間関係に悩まされることは、完全になくなりました。

今は毎日気が向いた時にカフェで読書したり、大好きな絵を書いたり、自由に旅行に行ったり、
自分が好きなことだけをして、自由気ままに生きています。


ただ、僕はもともと2年前までは1日17時間労働で休みは月に1回しかない
文字通り「ザ・ブラック企業」「社畜」として働いており、とても「自由」とは程遠い生活を送っていました。


では、いかにして僕はそんな地獄の社畜生活を脱し

「自分ひとりで好きなだけお金を稼ぎまくれる人生」

を手にすることができたのか。

詳しくはこちらに書いてるのでぜひ読んでください!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

HAKUMAのプロフィール

新着記事

PAGE TOP